漆喰が剥がれています!詰め直し工事とは?簡単?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

瓦屋根漆喰
棟の漆喰が剥がれています。左側
瓦屋根漆喰
屋根全体としては元気な状態ですが棟の真ん中あたりの漆喰もはがれています。
瓦屋根漆喰
屋根全体右側も漆喰が剥がれています。
建物の一番てっぺんにあたるところが大棟になります。そもそも大棟はどんな役割をしているかと言いますと、防水が主ですが瓦のズレ止めになります。
棟には土が詰められてあり、その土を漆喰工事で止めています。
漆喰が剥がれていると、横雨で土が流され棟が崩れてしまいますのでとても重要です。

写真で見ますと、白色の部分は漆喰が残っていますが、黒く見える場所は漆喰が剥がれていますので詰め直しをしたほうがいいです。
工事自体は1日もあれば終わりますので、崩れや雨漏りに発展する前にされたほうがいいです。

ただ漆喰工事は簡単ではありません!詰めて完成ならばいいのですが実際の工程を説明しますと、
一、漆喰をきれいにはがし、取り除く。
一、土を整え湿らす。
一、土を濡らして漆喰を塗り込む。
一、漆喰をならしてテコで抑えて乾けば完成

雨仕舞の技術がないとできない工事になってきますので必ず職人さんに依頼することをお勧めします。