ベランダが傾いています!原因を徹底調査!豊中市

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ベランダ
ベランダのモルタルが剥がれ落ちそうですし手すりの金属も劣化しています。
ベランダ
ひび割れが確認できます。
ベランダ
物干しスペースとして使用されていますが、ベランダじたいが軒先に向け傾いていいますので大変危険です。
ベランダの劣化は建物の中でも一番早く症状が出てきます。なぜならば日当たりが良く風通しがいい場所に設置しているからです。そうでなければ洗濯物は乾きません!

逆に言えば雨風も一番受けやすいということです。ですがほとんどが防水処理での施工になっているため、メンテナンスを欠かしてしまうと雨漏りの原因になってしまうのです。

ベランダの軒天に雨染みが出ているケースはすでに防水性がなくなり雨漏りしている証拠になります。

最近、築25年前後の建物を調査していますとベランダやバルコニーまわりからの雨漏りが多いのですが、点検してみると、勾配がとれていなく水たまりができているケースや、防水紙が劣化により破れていたり、ウレタンやFRP防水のひび割れ、ドレンのつまりなどが確認できています。

陸屋根も同様の雨漏り原因が多いです。
最低10年に一回の防水工事をすれば雨漏りの率は下げることができます。