ベランダが傾いています!原因を徹底調査!豊中市


ベランダ
ベランダのモルタルが剥がれ落ちそうですし手すりの金属も劣化しています。
ベランダ
ひび割れが確認できます。
ベランダ
物干しスペースとして使用されていますが、ベランダじたいが軒先に向け傾いていいますので大変危険です。
ベランダの劣化は建物の中でも一番早く症状が出てきます。なぜならば日当たりが良く風通しがいい場所に設置しているからです。そうでなければ洗濯物は乾きません!

逆に言えば雨風も一番受けやすいということです。ですがほとんどが防水処理での施工になっているため、メンテナンスを欠かしてしまうと雨漏りの原因になってしまうのです。

ベランダの軒天に雨染みが出ているケースはすでに防水性がなくなり雨漏りしている証拠になります。

最近、築25年前後の建物を調査していますとベランダやバルコニーまわりからの雨漏りが多いのですが、点検してみると、勾配がとれていなく水たまりができているケースや、防水紙が劣化により破れていたり、ウレタンやFRP防水のひび割れ、ドレンのつまりなどが確認できています。

陸屋根も同様の雨漏り原因が多いです。
最低10年に一回の防水工事をすれば雨漏りの率は下げることができます。