モダンなガルバリウム鋼板建築

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

pixta_15291781_M-columns1

今回は「屋根材|金属屋根」でも紹介させていただいた「ガルバリウム鋼板」を見てみたいと思います。

ガルバリウム鋼板は今現在人気の資材です。
「ガルバ」と略称されることも多くアルミニウム55%・亜鉛43.4%・シリコン1.6%という比率で構成されたメッキ合金で、アメリカで開発されました。

・・・という概要は前回でも見て頂きました。
(またスーパーガルテクト(ガルバリウム鋼板)とは?という記事もございます。ご参照ください) 

今回は「ガルバリウム」を使用した、モダンでスタイリッシュな施工例を見て頂きたいと思います。
住まいにとてもオシャレな雰囲気が出せますよ。 

ガルバリウムを使用した施工例

f229b5c59bdbf36dc73beab298777abd-simple
バイカラーでデザインされた一般住宅です。

ガルバリウムを使用したものはシンプルモダンなイメージに沿いますね。

こちらはベランダと外壁を2トーンの配色にしています。

異素材と組み合わせることで、また違ったテイストを出すことができます。

ガルバリウム家イメージ3
こちらはシャープなデザインでモダンな印象を与えます。

構造的に凝った作りですが、そこは施工しやすいガルバリウム鋼板です。

こうしたいというイメージをそのまま形にしやすいというのもこの資材の魅力でもあります。
pixta_1582859_M-simple
これもバイカラーのデザインです。
ガルバリウムはカラー展開が豊富ですが、これは紺色と白のスッキリとしたデザインとなっています。

どこで色を変えるか、配色を上下にするか、左右にするか。
それによりイメージが大きく変わりますね。

スッキリとスタイリッシュな印象を与えます。

ガルバリウムの屋根

ガルバリウムは外壁ばかりに使用されるものではありません。
次は屋根材として使われているものを見ていきましょう。
pixta_2421277_M-columns2
pixta_5139165_M-columns2
pixta_21018235_M-columns2
pixta_7493599_M-columns2
カラーも豊富で、洋風から和風と様々なタイプの屋根にも合いますね。

ガルバリウムは重量も日本瓦などに比べると軽量ですので、地震対策にも好まれて使用される屋根材です。
なにより瓦やスレート屋根と比較してローコストなのは魅力です。

さいごに

今回は屋根材、外壁材どちらにも使用できるガルバリウム鋼板を使った施工例を見てみました。

ガルバリウム鋼板は冒頭の画像にあるように大きなコイル巻のもので、もともとは工場や施設、倉庫などの建設に使われていたものでした。しかし近年このように一般建築などにも使われるようになっている人気の資材です。

ガルバリウムを正しく扱える、経験豊富で信頼のおける施工業者に依頼すればメンテナンス面でも安心ですね。