屋根の瓦にひび割れが。大阪市城東区

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

セメント瓦
セメント瓦です。ひび割れしてます。
セメント瓦
外側も割れてます。
大阪市城東区の屋根点検に行ってきました。

雨漏りがあり、お問合せを頂きました。


 のし瓦と漆喰の劣化については前回のブログで紹介しました。

今回は、瓦のひび割れです。

この瓦は、瓦の中でもセメント瓦というものを使用しています。

 
セメント瓦はその名のとおりセメントを使用して作られた瓦で 特徴としては

 ・形が多彩(洋風、和風、平形などがあります)

 ・色が多彩(顔料をセメントに混ぜることができます)

 ・割れやすい

・工事費用が安価


などがあります

良く使われる日本瓦と見栄えは似ていますが、工事費用が安価です。

 
デメリットとしては、メンテナンスが必要で費用がかかるというところです。

日本瓦と原材料が違うので、耐久性などが劣ります。




上記の写真のように、ひび割れると雨漏りが起きるので 差し替えなどが必要になります。


 ひび割れる原因としては 雨風で腐敗し脆くなり、何らかの衝撃で割れてしまうケースと


瓦を固定する釘が錆びることで膨張してしまい、ひび割れを起こすケースです


セメント瓦は日本瓦に比べて耐久性が劣りますので


経年劣化(時間が経ち古くなること)を起こしやすいです。


こういった場合は部分的差し替えで補うことも多いです。


全体的に古くなってくれば、割れる前に塗装で修理することも可能です。


修理方法としては


1.まず、高圧洗浄で瓦の汚れを取り除き乾燥させます。

ちなみに、この洗浄と乾燥を丁寧に行わないと

塗装剥がれの原因に繋がるので、丁寧に施工するのが重要です。


2.その後に、瓦のズレの修正や割れている部分の交換を行い


塗装を開始します。


3.まずは下塗りをして、瓦と塗料の接着を良くします。
傷みが激しい場合は下塗りを二回行います。


4.その後、機械で上塗りを行い

刷毛で手作業で上塗りを行います。


5.その後に、部分上塗りで塗装漏れがないように丁寧に塗装すれば完成です。


今回のように、割れている瓦は交換になるケースも多いので


雨漏りなどが発生する前に点検を行うのが重要です。


マックスラインでは無料点検を行っておりますのますので
気軽にお問合せ下さい。