オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市城東区で屋根工事!|雨漏り対策のための屋根工事をご紹介


※2020年10月5日更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

今回は、大阪市城東区にお住いの方から雨漏りについてご相談のお問い合わせがあり、屋根工事をおこなった様子を写真とともにご紹介いたします。

ひと言で「屋根工事」と言っても、以下のような種類があります。

■屋根葺き替え工事
これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える屋根工事

■屋根カバー工事
現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて覆う屋根工事

■屋根葺き直し工事
一旦、屋根材を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す屋根工事

■屋根部分補修工事
瓦や漆喰、板金、雨樋など劣化して機能的に問題がある部分や今後トラブルが予想される箇所のみ部分的におこなう屋根工事

今回は雨漏り調査の結果、屋根材として設置されている「セメント瓦」の不具合による雨漏りだったため、セメント瓦の屋根部分補修工事をおこないました!

 関連ページ 

大阪市城東区にて屋根工事をおこないます

それでは、大阪府城東区にておこなった屋根工事の様子をくわしくご紹介いたします。

今回は、雨漏りの原因となっていたセメント瓦のひび割れの補修をおこないました。

セメント瓦とは?

セメント瓦はその名のとおりセメントを使用して作られた瓦です。

良く使われる日本瓦と見栄えは似ていますが、工事費用が安価であることが特徴です。

 メリット 
 ・形が多彩(洋風、和風、平形などがあります)

 ・色が多彩(顔料をセメントに混ぜることができます)

・工事費用が安価

 デメリット 
 ・割れやすい

・メンテナンスが必要で費用がかかる

・日本瓦と原材料が違うので耐久性などが劣る

 関連ページ 


大阪市城東区で屋根工事①「セメント瓦の現状の確認」

IMG_24791
セメント瓦です。ひび割れしてますね。

上の写真のようにひび割れると、雨漏りが起きるので 差し替えなどが必要になります。

 ひび割れる原因としては 雨風で腐敗し脆くなり、何らかの衝撃で割れてしまうケースと、瓦を固定する釘が錆びることで膨張してしまい、ひび割れを起こすケースです。
IMG_24821
こちらの瓦も割れています。

セメント瓦は日本瓦に比べて耐久性が劣りますので経年劣化(時間が経ち古くなること)が起こりやすいです。

こういった場合は部分的差し替えで補うことも多いです。

全体的に古くなってくれば、割れる前に塗装で全体を補強することも可能です。

大阪市城東区で屋根工事➁「高圧洗浄」

まず、高圧洗浄で瓦の汚れを取り除き乾燥させます。

ちなみに、この洗浄と乾燥を丁寧に行わないと塗装剥がれの原因に繋がるので、丁寧に施工するのが重要です。

大阪市城東区で屋根工事③「修正・交換」

その後に、ズレている瓦を本来の位置に修正し、割れている瓦は交換を行います。


大阪市城東区で屋根工事④「下塗り」

塗装の前にまず下塗りをしておくと、瓦と塗料の密着力が上がって長持ちします。

傷みが激しい場合は下塗りを二回行います。

大阪市城東区で屋根工事⑤「上塗り」

その後、機械で上塗りを行い刷毛で手作業で上塗りを行います。


大阪市城東区で屋根工事⑤「部分上塗り」

大阪市城東区で屋根工事なら「街の屋根やさん大阪吹田店」へ!

index3-11_jup1
今回のように、割れている瓦は交換になるケースも多いので、雨漏りなどが発生する前に屋根点検を行うのが重要です。

「街の屋根やさん大阪吹田店」ではいつでも無料で「相談」「現地調査」「ご提案」「お見積り」のすべてをおこなっております。

いつでもお気軽にお問合せ下さいね。


信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41