ハイルーフシリーズ塗料について

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

IMG_0990-columns1
瓦屋根・ストレート屋根・金属屋根用塗料
ハイルーフシリーズ
マイルドシリコン/マイルドシリコン遮熱型
Si/水系ハイルーフSi
U/アクアシリコン/マイルドいぶし
見た目はもちろんですが、防水性や断熱性など色んなメリットがあり、

屋根塗装することが増えてきています。

そんな中でどのように塗料を選ぶのか、

瓦の種類毎に合う塗料や作業工程が違う塗料があります。


今回はハイルーフシリーズの瓦屋根・ストレート屋根・金属屋根用塗料で

屋根瓦の種類による素材への適性をご紹介します。


ハイルーフシリーズは密着性に優れている為、シーラーやプライマーといった下塗りが必要ない塗料で

作業工程が短縮できて、コストを抑えることができます。

(屋根の状態や下地によっては下塗りが必要になる場合もあります)

光沢がよく、長く色艶を維持でき、強靭な塗膜が長期保護もしてくれます。




薄型化粧
スレート
プレス
セメント瓦
アスファルト
シングル
乾式
コンクリート瓦
陶器瓦
素焼き瓦
いぶし瓦 波形スレート カラー鋼板
マイルドシリコン × × ※1
(発錆があれば下塗り要)
ハイルーフSi
(下塗必要)

(下塗必要)
× × × × ×
(下塗必要)
ハイルーフU × × × × × × ×
(下塗必要)
アクアシリコン ※3 × × × ※1
(下塗必要)
水系ハイルーフSi ※2
(下塗必要)
※2
(下塗必要)
※3
(下塗必要)
× × × ※1
(下塗必要)

(下塗必要)
マイルドいぶし × × × × × ×

○:塗装可能  ×:塗装不可

※1 波型てスレートは無塗装の場合、ヤネタイトマイルドを塗装します。
   既存塗装(アクリル、水性、ウレタンの場合)の活膜残存率98%以上の場合には直接塗装できます。
   既存塗膜の種類によっては塗装できない場合もあります。
   ノンアスベストタイプの波形スレートには塗装できません。

※2 既存塗膜(アクリル、水性、ウレタンの場合)の活膜で98%以上残っている場合は直接塗装できます。
   既存塗膜の種類によっては塗装できない場合もあります。

※3 塗装面積が半分程度になります。


陶器瓦
●カビ・コケ等の分泌物の確認
●洗浄時に滑るので注意


プレスセメント瓦
●旧塗膜がある場合は不着試験の確認


乾式コンクリート瓦
●洗浄圧力15MPa
 水量15L/分以上
 ノズル距離30cm以内
●布で洗浄確認


化粧スレート
●素材強度が弱くなっている場合は踏みワレ注意
●素材の傷みがひどいセキスイかわらUには塗装不可


いぶし瓦
●カビ・コケ等の分泌物の確認
●水分を含むと強度が弱くなる



陶器瓦

プレスセメント瓦

乾式コンクリート瓦

化粧スレート

いぶし瓦


瓦にはざっくり分けてもこれだけの種類があります。

細かくわけるともっともっと種類があります。

各ページでそれぞれの瓦の特長をご紹介しています。

こちらも合わせてみてみると屋根選びの参考になります。