プレスセメント瓦とは?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

瓦の種類と特徴

プレスセメント瓦


プレスセメント瓦についてご紹介します。



セメントと砂を主原料として、加圧成型後にフッ素樹脂塗料などの高耐久性塗料で着色されています。

四国や九州で使用されていることが多い瓦材なんだそうです。


デザイン性に優れていて、高級感があります。

製造メーカーによりますが、無塗装のまま使用されることもあります。

燃えづらく、色々な形状やカラーバリエーションがあり、

施工しやすいという特長があります。


その反面、プレスセメント瓦は水に弱いため、防水性は塗装で決まります。

しかし、塗装も何年かすれば劣化により塗膜がはがれてくるため、

苔やカビが生えてしまうと劣化が進み、セメント瓦が割れてしまう原因ともなります。


なので、プレスセメント瓦の場合は、定期的な屋根塗装の塗替えが必要となります。


また、セメント瓦とコンクリート瓦はよく似ていて、見分けるのが難しいのですが

見分けるのを間違えて合ってない塗料を選んでしまうと、剥離などを起こしてしまいます。


セメント瓦の方は裏面に会社名がなく、布目模様があり、

コンクリート瓦には裏面に会社名があり、布目模様がありません。

木口という切れ目の部分を見るのが一番わかりやすいです。

セメント瓦の方は木口が平滑で、

コンクリート瓦の方は木口が凸凹です。



陶器瓦

プレスセメント瓦

乾式コンクリート瓦

化粧スレート

いぶし瓦


瓦にはざっくり分けてもこれだけの種類があります。

細かくわけるともっともっと種類があります。

各ページでそれぞれの瓦の特長をご紹介しています。

こちらも合わせてみてみると屋根選びの参考になります。




瓦屋根・ストレート屋根・金属屋根用塗料

ハイルーフシリーズので屋根瓦の種類による素材への適性の

ご紹介ページはこちら