1成分形変成シリコーン系 シーリング材 ボンド MSコークとは?

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

コニシ ボンド MSコーク
1成分形変成シリコーン系 シーリング材
コニシ株式会社 ボンド MSコーク
コニシ ボンド MSコーク

気密、水密状態を得る目的や、防音、断熱のため充填材などで塞ぐことをシーリングといい、

シーリングに使う充填材をシーリング材と言います。

今回はそんなシーリング材から、1成分形変成シリコーン系 シーリング材

コニシ株式会社のボンド MSコークをご紹介します。


汎用的な変成シリコンシーリング材に比べ、よりプロ向けの品質を追求した1成分形変成シリコーン系建築用シーリング材です。


特長は、

●高モジュラス1成分形変成シリコーン系建築用シーリング材

●広範囲の下地材料への接着性に優れる

●耐候性に優れる

●硬化後は、耐熱・耐寒性に優れ、-40~90度の温度範囲での使用に耐える

●広範囲の塗材が塗装可能

●低温時の押し出しがスムーズで、冬季でも使いやすく硬化が早い

●肉やせが少ない

などがあげられます。

接着後は弾力を保つため、ズレや振動に強く、
台風や地震による、はがれやひび割れなどを防止します。

各種瓦同士の強力接着、棟瓦・丸瓦の重ね接着、平瓦のズレ止め
などに使用されます。