油性塗料希釈剤とは?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

油性塗料希釈剤 FB洗浄剤
株式会社ビー・エヌ
油性塗料希釈剤
FB洗浄剤

IMG_9289-columns2
日本ペイント株式会社
塗料用シンナーA(新)


外壁塗装や屋根塗装で使われる塗料には、大きくわけて「水性塗料」と「油性塗料」があります。

油性塗料は溶剤塗料とも呼ばれています。

塗料はどちらも希釈(うすめる)して使うのですが、水性塗料は水が希釈材として使用されます。

油性塗料を希釈するものがシンナーです。

Thinner(シンナー)の「Thin」には「薄い」という意味があるそうです。


シンナーとは単体溶剤とよばれる溶剤をブレンドした物で、キシレン・トルエンなどの有機化合物、

アルコール類・エステル類(アルコール化合物)が主成分の「ラッカーシンナー」や

脂肪族と呼ばれる有機化合物が主成分となる「塗料用シンナー」があります。


油性塗料をシンナーで溶解することで、塗料を分解し、均一な塗膜をつくります。

その後、成分に影響しないようにシンナーは揮発・蒸発し、塗料の性能や効果を引き出してくれます。

ですので、その塗料の性質を把握し、効果に見合ったシンナーを適切に使用しなければ、

上手く塗膜が形成されなかったり、塗膜の硬さや発色、艶、付帯機能などにも深く関係するため、

塗料に影響を及ぼすこともあります。