DPツーガード 2液型ウレタン塗膜防水材とは?

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

DPツーガード 2液型ウレタン塗膜防水材
ディックプルーフィング株式会社
2液型ウレタン塗膜防水材
DPツーガード

JIS A 6021 屋根用塗膜防水材ウレタン系高伸長形認証品



建物の屋上やベランダ、バルコニー、廊下、階段などには、

雨などによる漏水を防ぎ、下地を保護するために防水材が使用されています。

FRP系、アクリルゴム系、アスファルト系の材料もあるなかで、

圧倒的に多く使用されるのがウレタン系の塗膜防水です。


ウレタン系塗膜防水材の中で今回はディックプルーフィングの2液型ウレタン塗膜防水材

「DPツーガード」をご紹介します。


ウレタン塗膜防水材は、液状の高分子材料を塗布するだけで

防水層を作ってくれるので、作業の手間もかからず、

複雑な場所の施工も簡単に行えます。

下地にもなじみやすく、密着性も優れています。


つなぎ目のないシームレスな塗膜を形成するので、防水の信頼性が高いのも特長で、

伸びが大きく、複合工法の導入により、ひび割れしにくくなっています。


ウレタン塗膜防水材で施工した防水層は、改修時期が来ても、

塗り重ねすることが可能なので、撤去廃材も少ないです。

改修などにも多く使用され、通気緩衝シートを用いることにより、

フクレを防止することもできるため、

押え工法の上からの回収工事には最適です。


耐候性、耐久性に優れたウレタンゴムの特性を活かした高性能な建築用防水材なので、

快適空間の維持、住環境の改善、建物の長寿命化に貢献しています。