屋根塗装 塗替えの時期と塗替えの必要性について

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

屋根塗装

屋根塗装


今回は屋根塗装の塗替え時期についてご紹介しようと思います。

一般的には外壁や塗装の塗替えは10年サイクルと言われています。


屋根や外壁には塗料を塗り、塗膜を作ることで、屋根材や外壁材を紫外線、

雨水によるカビ、藻の発生から防いでくれています。


毎日家を守っている塗膜には、もちろん寿命(耐用年数)があり、

弱った塗膜だと、紫外線や雨水から守る力も弱まるため、

塗膜の中の屋根材や外壁材にトラブルが生じてしまいます。

そうなる前に塗替えが必要となってきます。



塗膜の劣化は次のような症状が現れてきます。


1.艶がなくなる

2.色の彩度がなくなり、変色する

3.表面に粉がでてくる(チョーキング現象

4.クラック(ひび割れ)やカビ・コケが生えてくる

5.塗膜の膨れ、塗膜のはがれ(塗膜剥離)が起きる



4までいってしまうと、塗替えだけでなく、ひび割れの補修なども必要となる為

費用面を考えても、やはりチョーキング現象を目安に

塗替えの準備、塗替えを検討する方がいいと言えるでしょう。



クラック

チョーキング(白亜化現象)


塗料にもいろんな種類があり、それぞれに特長があります。

ですので、耐久性の高い塗料を選ぶことで、塗り替える回数を少なくすることもできます。

しかし、耐久性がいいものであれば、やはり高価なものであるというデメリットもあります。


ウレタン系塗料  6~12年

シリコン系塗料  8~14年

フッ素系塗料   14~20年



以上のことを頭においておくと、10年サイクルで、10年たった時には点検をするのはもちろん、

10年経つ前から、屋根の塗料の劣化に気づき、手入れすることも重要だということが分かります。


家の寿命は25~30年、最近では50年もつ家を・・・っという動きもあるようですが、

残念ながら50年もつ家はあっても、50年もつ塗料はないため、

50年家をきれいに、快適に、丈夫に保つためには

塗替えなどのこまめなメンテナンスが必要になってくるということです。