機械的固定工法のディスクを後施工する場合

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

機械的固定工法のディスクを後施工する場合
機械的固定工法のディスクを後施工する場合

塩ビシートを敷設した後にディスクで留めつける場合に適応した工法です。



機械的固定工法にはUD工法(先打ち)とUS工法(後打ち)の2種類があります。

ディスクを先に打つか後に打つかの違いで、

UD工法(先打ち)の場合は、完成後のデザイン性がいいです。

US工法(後打ち)の場合は、耐風圧性能が非常に信頼できるため、高層階や沿岸など

風邪の強い場所での建物に適しています。



機械的固定工法 のご紹介は こちら



Uマット

ビュートップM20

ATディスク・各種アンカー

ATパッチ