ケイミュー コロニアルクァッド

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ケイミュー コロニアルクァッド
ケイミュー株式会社
コロニアルクァッド


IMG_77171-columns2


ケイミュー株式会社のコロニアルクァッドという屋根材についてご紹介します。

まずケイミューのすべての屋根の基本性能をご紹介。


●耐風・・・一枚一枚の屋根材を独自の釘止め方式で固定することにより、風の抵抗を効率よく逃がす設計
      強風でのズレや飛散を防ぐ、耐風性を考えた設計となっています。

●防水・・・屋根材のジョイント部分の防水堤と、新設計の水切り形状により、大雨でも漏水を防ぐ設計です。

●耐久・・・独自のハイパードライ製法やポリマーフォーミング製法により、
      すぐれた寸法安定性により、物性変化がほとんどありません。

●防火・・・国土交通大臣の認定番号を取得した屋根材なので、
      万一の火災でも燃えにくく、隣家からの延焼も最小限に抑えてくれます。

●遮音・・・施工後の重なり部分が大きいため、薄型でも粘土瓦とほぼ同じの遮音性を発揮します。
      外からの騒音を防ぎ、快適な住環境が得られます。

●断熱・・・外部の熱を伝えにくく、内部の熱を放出しにくい特徴があります。
      熱損失が少なく、四季を通じて快適な住環境を保ってくれます。




それにコロニアルクァッドの特徴がプラスされます。

●軽くて強い

屋根選びで最近常識となりつつあるのが屋根材の重たさです。

コロニアルクァッドは一般的な陶器平板瓦の約1/2の軽量さで、

屋根を軽くし、建物の重心を低くすることで減震効果があります。

地震の揺れを軽減し、地震に強い屋根です。


カラーバリエーションも増え、外構デザインの幅も広がります。