断熱材について

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

マグポリカット
株式会社 マグ
マグポリカット 430
マグウール


断熱とは伝導、対流や放射による熱移動を防ぐことであり、それを実現しようとするものが断熱材です。

夏の場合は太陽からの熱で屋根にたまった熱が室内に伝わり、空気の対流で室内に温度がたまります。

冬の場合は逆に壁や屋根から室内の温度が外に逃げてしまい、室温が下がってしまいます。

断熱材はこの外との温度差を無くし、快適な住環境を与えてくれます。


断熱材には主にグラスウールという、高温で溶かしたガラスを遠心力で細く繊維化したものが使われます。

絡み合った繊維の間に空気を閉じ込めた無数の部屋があり、断熱性や吸音性に優れた性質を持っています。

不燃材料なので防火性にも優れています。

写真のマグポリカットという断熱材は、グラスウールをポリエチレンフィルムで全面パックされたもので、

室内側には防湿ポリエチレンフィルム、室外側には10ミクロンの穴があいた、カラーポリエチレンフィルムが使用されています。

全面パックされたことで施工時のチクチク感を解消してくれます。

断熱材はいかに隙間なく施工されるかが大事なので、職人の腕の見せ所ですね。