TVJシート(自着層付き通気緩衝シート)とは?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

TVJシート(自着層付き通気緩衝シート)
ディック プルーフィング株式会社
TVJシート(自着層付き通気緩衝シート) 通年用
自着層付き通気緩衝シート(非加硫ブチルゴム系)


TVJシートとは、TVJ工法(脱気絶縁複合防水工法)で使用される、

自着層付き通気緩衝シート(非加硫ブチルゴム系)のことです。

では、TVJ工法とはどんな工法のことを言うのか。

屋上の防水工事を通気緩衝シートを使用しないで直にウレタンをつける工法で施工する場合は

充分下地を乾燥させた後で施工するのですが、

この下地が充分に乾燥しないまま施工してしまうと、残った水分が蒸発することができず

防水層を持ち上げて下から剥がしてしまう、防水層の膨れ現象が起きてしまいます。

屋上などだと特に厚い保護コンクリートなどで覆われてしまうため、中まで乾燥するのが難しくなります。


その防水層の膨れ現象を抑える工法として、TVJシート(通気緩衝シート)を使用した

TVJ工法(脱気絶縁複合防水工法)を施工することが多くなってきました。

TVJシートの裏面層にはポリエステルフィルムの通気層があり、通気層により下地からの水蒸気を拡散して

脱気筒から排出させることができる工法です。

TVJシートを使用することで、下地から上がってきた蒸気を逃がし、脱気筒へ送ることで

防水層の膨れや破断を防いでくれます。

TVJシートの裏面には、接着剤が0.1㎏/㎡コーティングしてあり、粘着性があります。