塗料の種類と特長


シリコン塗装

外壁塗装で使用する塗料には種類があり、その性質によって特長があります。

どんな塗料を選ぶのがいいのかや、人気の塗料などをご紹介します。



耐久年数  3~5年


アクリル系の塗料は約20年前に発売された塗料で、種類も多く塗料の中では比較的安価です。

しかし、耐久性が低いため、こまめな手入れや塗替えが必要となります。

短期間での塗替える場合や、とりあえず安価で済ませたいとお考えの場合には適しています。

耐久性の問題から長くきれいな状態を保てる方が現在は好まれるため

アクリル系塗料は現在ではあまり出回っていません。



耐久年数  5~7年


密着性に優れていて、柔らかく施工性も良く、どこにでも使用できる為万能塗料とも呼ばれます。

比較的安価で、防汚性にも優れているのがウレタン系塗料の特長です。

数年前までは外壁の塗替えに最も使用されていましたが、

価格が変わらずウレタン系よりもシリコン系の方が耐久性が良いことから

現在ではシリコン系塗料を使用する方が増えています。

耐久性は劣りますが、安価におさえたい方にはおすすめの塗料です。



耐久年数  7~10年


耐久性の良さがありつつ、価格もモルタル系などの安価な塗料とあまり変わらない為

ここ10年ぐらいでは90%以上の方がシリコン系塗料を選ばれています。

安い塗料は嫌だけど、高すぎる塗料も・・・っという方には

価格と耐久性のバランスがよく、人気の塗料です。



耐久年数  14~16年


2015年に発売された新しい塗料で、シリコン系塗料と変わらない価格でありながら、

フッソ系塗料に近い品質を持つというコストパフォーマンスの高い塗料で、

今後数年かけてシリコンに変わる人気を誇る塗料になると期待されています。

まだ新しい塗料のため、施工したことがない塗装屋も多く、あまり名前が知られていません。



耐久年数  15~20年


価格がまだまだ高い為、なかなか一般住宅に使用されることは少ないですが、

価格の分、耐久年数も良く塗料の中では一番最高グレードの為、

塗膜寿命が非常に長いので、長い目で考えるとフッソ系塗料を選ばれる方もいるでしょう。

雨筋などの汚れを防止し、外観の美しさを保つことができるのも特長です。

東京スカイツリーの塗装にも使用されています。

外壁よりも、屋根用の塗料におすすめです。



耐久年数  15~20年


太陽光で汚れを浮かせて、雨で洗い流すという、自然の力で綺麗にする

セルフクリーニング効果があるのが特長の塗料です。

太陽のエネルギーで空気中の汚染物質を分解することもでき、建物のまわりの空気をキレイにしてくれます。

環境問題に真剣に取り組みたい方などにはおすすめです。

高価であることと、認定施工店でなければ取扱いがないのがデメリットです。