防水工事【FRP防水】


ウレタン防水

ベランダや屋上は常に紫外線や雨水にさらされています。

そのため、床面に防水工事をすることで、防水加工をして雨水や紫外線から守ります。

防水加工がなくなると、雨水が侵入し、雨漏りを起こしてしまいます。

雨漏りがすると家の中に雨水が侵入してしまい、家の腐食や劣化の原因となります。

早めの対策、メンテナンスを心掛けましょう。

早めに対策することでコストもおさえられる可能性が高いです。


今回は防水工事の中からFRP防水についてご紹介します。

bousui58

●ベランダにおすすめ

●耐久年数
 10年前後

●メンテナンス
 劣化によるひび割れが起きる為
 定期的にトップコートの塗替えが必要


FRPとは繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforceed Plastics)の略称。

強度が強く耐久性に優れている繊維強化プラスチックを使用して防水層を作る工法です。

トップコートを含め、5層の防水層を形成する工事になります。

プラスチックな為、地震などの場合伸縮性がなく、ひび割れが起こりやすいですが、

他の防水材とは比較にならないほど高硬度で、耐久性、耐熱性、耐水性に優れています。

また、保護層が不要で、人が歩いても問題はありません。


硬化が早く、1日~2日で施工ができ、工程が短いですが、

コストは少し高めとなります。

継ぎ目もなく、シームレスで、均一な厚みの綺麗な仕上がりとなります。


下地への密着性が強いので、防水性も高く、下地の膨張や圧縮などによる剥離の心配はありません。

トップコートのバリエーションが豊富で、着色などもできます。


硬化する際に化学反応が起きるため、化学物質が発生し、臭いが発生します。

また、硬化が外気温などにも左右されてしまうのが難点です。