雨漏りにも繋がるベランダで起こる劣化の症状とは?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ウレタン防水

ベランダは建物の外にある、張り出した屋根付きのスペースのことで、

洗濯物を干したりすることを考えると陽の当たりの良い場所に設置されていることがほとんどでしょう。

陽が当たるということは、それだけ紫外線の影響を受けやすい場所ともいえます。

また物を置いたり、人が歩くことで負荷がかかる場所でもあるため、

ベランダは負荷がかかりやすく、劣化が進行しやすい場所と言えます。

そして、ベランダの劣化が原因で雨漏りが起きやすくなります。

劣化の症状をチェックし、雨漏りを防ぐために早急に対処しましょう。

ケレン作業

工法やどこからはがれてしまっているかによって、補修内容は異なりますが、

床表面にこのようにはがれている部分がある場合は

一番上のトップコートが剥がれている場合だと

比較的工費少なくおさえられます。

もし、トップコートの更に下の防水層からはがれてしまっている場合は、

シートの中でもはがれや亀裂があり、

雨漏りに繋がっている可能性もあるため、費用はかかりますが

防水シートなども全て下地から一度撤去して新しく防水工事をされる方が確実です。

はがれがある場合は経年劣化による場合が多いでしょう。

防水シートの寿命は13年前後、トップコートは5~6年に一度塗替えが必要となります。

前回の工事から時間がたっているようであれば、一度業者による点検をおすすめします。

防水劣化

FRP防水やウレタン防水の場合には経年劣化により

ひび割れやはがれが起きる場合があります。

ひび割れやはがれがあるともちろんそこから雨漏りする原因となります。

ひび割れや亀裂をみつけた場合はすぐに業者に点検や

修理の依頼をされることをおすすめします。

軽度であればトップコートの塗替えで済みますが、

劣化がひどい場合には費用はかかりますが

防水シートなども全て下地から一度撤去して

新しく防水工事をされる方が確実です。

IMG_9706-simple

ベランダには水が排水溝へ流れるように勾配がつけてありますが、

水たまりができている場合は、施工不良により勾配がない状態であるか、

汚れなどによりせき止められている可能性があります。

写真のように部分的ではなく、全体的に水がたまる場合は

ドレンにゴミが詰まって水がうまく流れていない可能性が高いです。

ドレン周りの掃除にも気をつけましょう。

水たまりの部分に亀裂などがない場合は、すぐに雨漏りがするということはありませんが、

水がずっと溜まっていることにより部分的な劣化につながるため、

その部分からの雨漏りに繋がらないよう注意が必要です。