無機塗料とは?有機塗料との違い

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

pixta_14193793_M-1-columns1
無機塗料って聞いた事がありますか?
塗料には有機塗料と無機塗料があります。

有機物とは炭素を含む化学物のことで、人工的で炭素を含む化合物も有機物です。
無機物とは水や空気、鉱物など生命が作り出すものではない、有機物以外のものです。

無機塗料とはでは、無機物だけで作った塗料だと思ってしまいますが、無機物だけで外壁に貼り付けることは出来ない為、無機塗料とは有機樹脂の中に無機物を散りばめて混ぜた、無機物と有機物の混合塗料となります。
無機物と有機物のいいところをとった塗料と言えるでしょう。

その特徴についてご紹介していきます。
pixta_19085207_M-simple
無機物は鉱物だと言いましたが、石などの鉱物は長年太陽に当たり続けても多少色褪せはしますが、樹脂塗料のようにぼろぼろに崩れる事はありませんよね?

このように紫外線に強い無機物を壁につけることができれば、耐久性が上がり劣化しにくい壁をつくることができます。

無機物だけで作られる塗料があれば、何十年も長持ちする塗料ができるわけですが、無機塗料と言っても先述したように、有機塗料と混ぜ合わせたものとなるため、実際は有機塗料よりも、少しだけ耐久性があがるというようなイメージになります。

シリコン樹脂に無機物を混ぜた塗料であればシリコンと同じ耐用年数、フッ素樹脂に混ぜた無機塗料であれば、フッ素塗料と同じ耐用年数となります。
よって、無機塗料の場合は一概にここがメリット、デメリットとはいえず、種類によってメリットやデメリットが変わってきます。
悪徳な業者であると、無機塗料であれば長持ちしますよーっと説明をしてすすめてくることがありますが無機塗料だからといって全てが長持ちする良い塗料なわけではありません。

残念ながら低品質な無機塗料も存在し、低品質な無機塗料であれば意味はありません。
また、高品質な塗料を使用したからといって、下地処理などの工程を怠るとその塗料の力を発揮することはできません。

主な無機塗料の特徴としては(種類によっては違う場合もあります。)静電気によるゴミの汚れが付きにくい防汚性に優れている塗料が多いです。
また燃えにくかったり、艶があるというのが特徴です。

艶は3分艶、5分艶ぐらいまでに抑えることは可能ですが、艶けしをしていしまうと、塗りムラができやすくなるなどのデメリットもあります。

また長い耐候性と汚れにくさを実現するために無機物が配合されており、通常の塗料よりは高いというデメリットもあります。

ただ単に、長く持つからっとすすめられて決めてしまうのではなく、どのようなメーカーから出ていて、どんなものであるのか、きちんと確認することが望ましいでしょう。