雨漏りでお困りの方お任せください

雨漏りの点検・補修は街の屋根やさん大阪吹田店にお任せ下さい
雨水の侵入はお住まいをダメにします!
雨漏りのパターン解説
 大まかに分けると雨漏りには2つのパターンがあります。
 1つは台風などの暴風雨で棟板金が飛散したり、瓦がずれたりして、即座にお住まいに雨水が浸入してくるパターンです。 
 
 もう1つは天井や壁の一部分が何となく変色してきたように感じていたら突然、その近辺から雫が落ちてくるパターンです。

 厄介なのは後者の方で、実は以前から雨漏りが続いており、それが何ヶ月も経って室内に浸入してきたというケースが多いのです。何ヶ月も前から雨漏りが続いていたのですから、天井裏や壁の内部が酷い状態になっていることもあります。
雨漏りのメカニズム
なぜ雨漏りしていてもすぐに室内に侵入してこないの?
雨漏りの主な3つの原因 原因1:屋根の不具合
棟板金の浮きや剥がれ
屋根の不具合 棟板金の飛散
屋根の不具合 棟板金の浮き
 スレート(コロニアル、カラーベスト)屋根や金属屋根の棟板金は風の影響を受けやすく、暴風雨の被害に遭いやすい場所です。飛散すればダイレクトに雨水が家屋内部へと浸入してきます。浮いた状態では隙間から雨水が入ってきます。
屋根材の破損やずれ
屋根の不具合 スレートのズレ
屋根の不具合 剝れた瓦
 スレート(コロニアル、カラーベスト)、金属、瓦、いずれも屋根材が破損したり、ずれたりすればそこから雨水が浸入してきます。
屋根材の劣化
屋根の不具合 サビや傷で劣化した金属屋根
屋根の不具合 漆喰が剥がれている瓦屋根
 金属屋根では傷や経年でサビが発生し、穴が開くこともあります。スレートも経年で劣化すると防水機能がなくなります。瓦は経年劣化には強いのですが、固定している漆喰が風化し、崩れてきます。
 金属やスレートは定期的な塗装を、瓦は定期的な漆喰の補修を心掛けましょう。
間違った施工やメンテナンス
間違ったメンテナンス 縁切りしていない
正しいメンテナンス 雨漏り防止のため縁切りする
 屋根の専門業者でない場合、間違った施工をしかねません。
 スレート屋根を塗装した場合、縁切りを行わない業者もいます。縁切りとは屋根材と屋根材の重なる部分に適切な隙間を作る作業で、これが行われていないと雨水や水蒸気の通り道がなくなるだけでなく、水を吸い上げる毛細管現象が発生します。
太陽光発電パネルの設置も注意が必要
 太陽光発電パネルを設置した場合なども注意が必要です。屋根に詳しくない業者が設置した場合、屋根を壊してしまったり、変な固定の仕方をしてダメージを与えてしまうこともあります。
雨漏りの原因2:外壁やベランダなど屋根以外の不具合
外壁からの雨漏り
外壁の不具合 コーキングが劣化しひび割れている
 外壁と外壁の繋ぎ目の部分や窓枠に使用されているコーキングが劣化し、痩せたり、ひび割れを起こしたりすると、そこから雨水が浸入してきます。
 また、外壁にできたクラック(亀裂)からも浸入してきます。クラックが微細なうちはまだ良いのですが、ハガキ程度の厚さになると危険です。クラックを見つけた場合は広がっていないか、定期的に点検してあげましょう。コーキングの点検もたまにしてあげてください。
ベランダやバルコニーからの雨漏り
ベランダ・バルコニーの不具合 床面がひび割れている
 勾配がほぼなく、水が溜まりやすい構造をしているのがベランダやバルコニーです。人が歩いても大丈夫なように造られていることから、とても頑丈そうに見えますが、中の防水層はとても薄いので、強い衝撃を与えるのは厳禁です。植木鉢を落としたりすると、傷ついてしまいます。床面の色褪せ、ざらつき、ひび割れを発見した場合は早めにトップコートを塗布し直してください。そこから雨漏りに繋がることもあります。
 ベランダやバルコニーからの雨漏りはその下にある1階の天井や壁に現れることがほとんどです。
雨漏りじゃない室内への漏水
水道管や排水管からも漏水の可能性がある
 雨水が室内への浸入しなくても、天井や壁に雨漏りのようなシミができることがあります。このような場合はお住まいの中を通っている水道管や排水管からの漏水を疑ってください。水道管や排水管も経年で劣化していくので、継ぎ目などから漏水してしまうこともあります。外部からの浸入とは違い、お住まい内部は防水されているわけではないので、シミはどんどん広がっていきます。
このようなケースでは水道メーターのパイロット部分を確認してみましょう。水を使用していないのにパイロットが回転していた場合、漏水の可能性大です。
雨漏りの原因3:台風や暴風雨、積雪などの特殊な気象条件
台風や暴風雨の時のみ雨漏りする
外壁の不具合 外壁のクラック(ひび割れ)
 普段の雨では全く問題ないのに、強風時だけ雨漏りするといったケースもあります。これは横殴りの雨が軒天の隙間や外壁のクラックから浸入してくるためです。風向きと強さに影響されるため、「台風通過後、天井に雨染みが出来ていて気になったが、数年経っても雨染みが広がらない」というケースもあります。外壁にクラックがある場合は補修してあげましょう。
 また、雨染みが広がらないケースでも一度、点検を受けることをお勧めします。
積雪時のみ雨漏りする
流れ落ちずに積もった水分が四六時中、屋内内部への侵入を狙っている
 雪が雨と異なる部分は固体だということです。液体とは違い、流れ落ちずに降り積もります。解けるまである程度の時間がかかります。ある部分が解けても、他の部分に積もった雪に邪魔されて流れずに、普段とは違った部分に水が溜まることもあります。雨樋に雪が詰まると、うまく排水できずに溢れ出すこともあります。つまり、通常の雨とは水の流れが全く異なるのです。

 必然的に水分が屋根の上に滞留する時間も増えます。雪が屋根の上にある状態では、水が四六時中、家屋内部へ浸入する機会を伺っているようなものです。
 また、普段とは違った場所に水が溜まりますので、それがオーバーフローして雨漏りすることもあります。さらに冬の積雪や降雨などで恐いのは、屋根材のひびや隙間に入り込んだ水分が凍結することです。水は凍結すると膨張しますので、屋根材のひびや隙間を広げます。最悪の場合、破壊されます。
雪国特有の雨漏りを「すがもり(すがもれ)」という
雨漏り補修徹底解説! 屋根編
屋根補修1:棟板金の浮きや剥がれ
棟板金の飛散部分を応急処置
 棟板金がどこかへ飛んでいってしまい、剥き出しになっている状態です。このままでは雨漏りしてしまうので、シートで被い、プチブルテープなどで固定します。
古い棟板金と貫板を撤去し、新しいものへと交換します
 貫板は木製ではなくプラスチック製のケイミュー社「タフモック」を使用しました。木製と違って腐食に強く固定力も弱まりにくいので、強風の時でも安心です。なお、釘ではなく、SUSビスで固定したので、従来よりも風に強く、変形しにくい棟板金になりました。
 今回は屋根塗装と外壁塗装もご依頼いただきました。棟板金交換後は屋根塗装を行い、写真の様に美しい屋根へと生まれ変わりました。
詳しい板金工事のページはこちら
屋根補修2:屋根材の破損やずれ
割れてしまった瓦の補修・交換
端の部分が割れてしまった瓦
 こちらは割れてしまった瓦の補修の様子です。割れた部分が端の部分で、かけらもありましたので接着します。
破損部分が端の場合は接着で修繕できます
 しっかりと接着しました。瓦の中央部分から割れてしまった場合は新しいものへと交換します。瓦によっては生産が終了しており、交換できないものもあります。
割れてしまったスレートの補修
コーキング材を塗り接着します
 こちらはスレートの補修の様子です。割れた部分にコーキング材を塗り、接着します。
新しいものへ交換する場合もあります
 差し替えが可能であれば新しいものへ交換します。
屋根補修3:屋根材の劣化
屋根塗装の場合
水捌けを向上させるためタスペーサーで縁切りをします
 下塗り後、水捌けを向上させるため、タスペーサーで縁切りをし、最適な隙間をつくります。
中塗り、上塗りと塗装膜を厚くすることで耐久性をアップします
 中塗り、上塗りと重ね塗りし、塗装膜を厚くします。塗膜を厚くすることで耐久性もアップし、綺麗に長持ちします。
漆喰補修の場合
傷みが軽度の場合は漆喰の詰め直し工事を行います
 傷みが軽度の場合は漆喰の詰め直し工事を行います。瓦のずれがあった場合は修正し、傷んだ漆喰を取り除いていきます。
取り除いた後は新しい漆喰を詰めていきます
 取り除いた後は新しい漆喰を詰めていきます。劣化が重度な場合は、棟瓦を全て取り外して積み直す、棟瓦取り直し工事を行うこともあります。
雨漏りが酷く、屋根材が寿命を迎えている場合は屋根カバー工法や葺き替えを行います
屋根補修4:屋根カバー工法
これまでの屋根をそのまま残し、その上に新しい屋根を被せます
解体の費用がかからず、屋根が二重になるので断熱性も高くなります
詳しい屋根カバー工法のページはこちら
屋根補修5:屋根葺き替え
古くなった屋根を解体します
新しい屋根材へ葺き替えます
詳しい屋根葺き替え工事のページはこちら
雨漏り補修徹底解説! 屋根以外編
屋根以外の補修1:コーキングの打ち直し
ひび割れや痩せてしっまった古いコーキングを取り除きます
 ひび割れしているコーキングや痩せてしまった古いコーキングを取り除きます。取り除いた後は古くなったコーキングが目地に残されてないかを確認し、清掃します。
プイマーをラ塗布し、コーキングを充填し、養生を剥がしたら完成です
 コーキングより奥にあるバックアップ材に劣化がないかを確認します。傷んでいた場合はこちらも新しいものへと交換します。プライマーを塗布し、コーキングを充填し、養生を剥がしたら完成です。
屋根以外の補修2:クラックの補修
クラックが大きい場合はグラインダーで削ってから、亀裂を埋めます
 クラックはその幅によって補修の仕方が変わります。大きい場合はグラインダーで削ってから、亀裂を埋めることになります。
コーキング材を充填し、ヘラで壁面と同一の高さになるよう均します
 クラックにプライマーを塗布した後、コーキング材を充填していきます。ヘラで壁面と同一の高さになるよう均します。この後、塗装を行えば違和感のない仕上がりになります。
屋根以外の補修3:ベランダ・バルコニーの防水工事
表面の色褪せやざらつき、軽いひび割れ程度ならトップコートの塗布だけで済みます
 表面の色褪せやざらつき、軽いひび割れ程度ならトップコートの塗布だけで済みます。前述以上に劣化が進みますと、防水層を傷めてしまうので、大掛かりな工事が必要になります。
トップコートを重ねて塗布して、防水層を厚く保護します
 高圧洗浄後、下地の処理をしてトップコートを塗布していきます。数回、トップコートを重ねて塗布して、防水層を厚く保護します。