オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

箕面市 G様邸屋根葺き替え工事 瓦屋根→カラーベスト(コロニアルクァッド)


工事のきっかけ

瓦屋根で長年雨漏りに幾度も悩まされて補修してきたが、今回葺き替え工事を検討されていました。

箕面市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
IMG_2739-before
horizontal
after
IMG_7597-1-after

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
14日間
使用材料
コロニアルクワッド(kmew)
施工内容その他
築年数
築40年
保証年数
7年
工事費用
250万(足場含む)
建坪
50坪
ハウスメーカー
箕面市にお住いのG様邸の屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介します。
G様邸は築40年の瓦屋根で長年に渡り、雨漏りに悩まれていました。
何度も雨漏りしては瓦を差し替えるなどの工事を行ってきましたが、
今回の雨漏りにより、思い切って屋根の葺き替え工事をする決断をされました。

築40年の瓦屋根で雨漏りした原因とは?

瓦が凍てて剥がれ割れて雨水が浸入しました。

瓦が凍てるという、少し専門的で難しく聞こえますが『瓦が凍てる』とは
日本瓦は大きく分けると陶器瓦のことなのですが、その陶器瓦は産地やメーカーにより瓦の製造法が
異なります。特に地域により使用する瓦が違ってきます。
瓦は土、粘土を高温で焼き上げた屋根材です。
焼き上げた瓦は多少の水分が瓦の中に浸透しています。
気温が下がると瓦の内部に浸透している水分が凍ります。
そして、気温が上がると溶けます。
これにより蒸発できない水分が凍る、溶けるを繰り返し瓦に浸透した水分の体積が増え膨張して
結果、瓦が割れるという現象が発生してしまいます。
北面の屋根は日が当たりにくく、凍るという現象が起きやすい為、『凍てた瓦』が多くなるのはそのせいです。

着工前 既存瓦屋根

IMG_2744-1-columns3
約130㎡という大きな屋根の葺き替え工事です。
IMG_2756-1-columns3
所々、瓦を差し替えた箇所が確認できます。
IMG_2038-1-columns3
谷樋箇所です。谷板金と瓦のまわりには漆喰が使用されます。
この漆喰が劣化して剥がれ落ちていました。
IMG_2273-2-columns3
棟の面戸の漆喰の剥がれです。
この隙間から棟の下地の土に水が浸入して雨漏りや棟の崩れが発生することがあります。
IMG_2750-3-columns3
土葺き工法は瓦の下地に土を使用します。土がしっかり固まっている状態です。
IMG_2047-1-columns3
土が固まってない状態です。
土が崩れていると瓦の高さが変わり、瓦と瓦に隙間が生じて雨水が浸入してしまいます。

『凍てた瓦』現象

IMG_2733-4-columns3

IMG_2720-3-columns3

IMG_2708-4-columns3

葺き替え工事着工です!

IMG_4477-2-columns2
瓦屋根の葺き替え工事といえばまず、瓦の捲りからスタートです。
作業はもくもくと捲るということです。
正直、体力勝負です。
かなりハードですが、根気よくスタミナが切れないように捲っていきます。
IMG_4494-1-columns2
瓦を捲れば、次にたっぷりの土が出てきます。
これは葺き土と言って瓦屋根の下地に使用する土です。
IMG_2237-4-columns2
屋根面の袖部分と軒先部分の瓦は残し、平場のをすべて捲っていきます。
なぜ残すかというと土が下にできるだけ落ちないようにこの部分の瓦は最後に捲ります。
IMG_2235-2-columns2
実は瓦の下地である土の量は家々によって異なります。
これは葺いた屋根の職人によって違ってきます。
写真の屋根では土の量は多い方だと思います。
IMG_2315-1-columns2
この土を機械でとる訳ではありません。
ここももくもくと土を手作業で取り除きます。
使う道具は塵取りなどの土を取りやすい道具です。
IMG_2301-1-columns2
土は土嚢袋に入れます。作業上のポイントは土嚢袋にあまり土を入れすぎないということです。
なぜなら・・・単純に入れすぎると重くなり運ぶのが大変になってきます。
べた葺き工法・・・屋根全面に隙間なく土を置く工法。
筋葺き工法・・・葺き土の量を減らして瓦の谷の部分のみ土を置く工法。
IMG_2307-columns3
葺き土を土嚢袋に入れある程度、持ち運びしやすい重さまで土を詰め込みます。
IMG_2303-1-columns3
このくらいの下屋根の大きさでこれくらいの土嚢です。
屋根全体ですとかなりの量になります。
IMG_2313-columns3
土嚢をできるだけ効率よく積み下ろすために一ヵ所にまとめます。

木片を発見!この木片は・・・。

下葺き材の杉皮です。

屋根材の下地に使用する防水材。
昔は下葺き材として雨水や乾燥にも強い杉の木の杉皮が使用されていました。
※最近ではゴムアス系ルーフィングという合成繊維不織布という下地に改質アスファルトなどを合わせたものを使用します。


IMG_2268-3-simple
50年経った杉皮です。
50年とは思えないほど表皮はしっかりしています。

IMG_2325-2-columns3
ほうきで綺麗に清掃します。
IMG_2318-1-columns3
所々、杉皮がなくなり穴があります。
IMG_2316-2-columns3
壁際付近まで杉皮がギッシリ敷きこまれています。
IMG_4521-columns3
胴縁 t15×W30×L3000
IMG_4522-1-columns3
構造用合板 12ミリ 910×1820
IMG_2402-1-columns3
カラーベスト(コロニアルクァッド)910×414

製材とJAS規格とは?

建築物の構造用に係わる製材について、施工の合理化し、木造住宅や木造建築物の振興を図るため、
多種類の流通寸法の標準化・簡素化、木造住宅の高品質化のための乾燥材の供給拡大、製材の強度性能を明確化することに
より、木造3階建、大規模建築物の増加に対応した製材。
建築物の構造部分の用途のため『針葉樹の構造用製材の日本農林規格』(平成3年)制定。
用途別の規格化を推進するため、針葉樹の造作用製材針葉樹の下地用製材広葉樹製材のJAS規格を制定。(平成8年)
IMG_4604-1-simple
品名:構造用合板
寸法:12×910×1820
等級:2級
ホルムアルデヒド:F☆☆☆☆

ホルムアルデヒドF☆☆☆☆とは?

シックハウスの原因となるホルムアルデヒド等級において最上級規格。最もホルムアルデヒドの放散量が少ない建材。

家具や建築資材、壁紙を貼るなど接着材などに含まれている化学物質の一つです。
建材や調度品などから発生する化学物質、カビ・ダニなどによる室内空気汚染等による健康影響を及ぼしてしまうこと。

※症状:目がチカチカしたり涙が出る、鼻水が出る、のどの渇き・痛みやせきなど。
IMG_2205-columns2
ユニパー(荷上機)を用い胴縁と構造用合板を屋根に上げていきます。
IMG_4592-2-columns2
胴縁は躯体垂木に打ち付け固定させ、その上から構造用合板を胴縁に釘止めします。これで屋根下地と躯体が一体化になり新しい屋根下地となります。
IMG_2193-columns2
谷や出隅、入隅などは胴縁や合板をカットして納めていきます。
IMG_2208-2-columns2
構造用合板は一枚が910×1820の規制品ですのでできるだけその規格の大きさのまま屋根に敷き、固定させます。

IMG_2220-3-columns2
屋根の不陸なども調整しながら、下地を造ります。
IMG_2211-3-columns2
新しい下地ができると足元もしっかりしているので作業効率も上がってきます。
IMG_2198-columns2

IMG_4587-1-columns2

構造用合板の種類 ???クリック

国産合板の大部分は、合板の日本農林規格(JAS)によって製造されています。
43df8b77ae08f65baa8ace315c8b6996-columns1


IMG_2277-3-simple
日新工業 カラールーフィング(JIS A6005)

アスファルト含浸紙に良質なアスファルトを浸透・被覆し、表面に鉱物質粉粒を付着。
特殊合成樹脂で着色した屋根下葺き材。
IMG_4658-columns2
軒先から棟(下部から上部)にかけてルーフィングを敷いていきます。
IMG_4659-columns2
ルーフィングは10センチ以上ラップさせます。
ケラバなどの端部は少し大きめに垂らし後でカットします。

IMG_2230-1-columns2
ルーフイングは棟(屋根と屋根が交差する頂上部分)には被せます。
IMG_2227-1-columns2
ルーフィング張り完成です。
ルーフィングを張ることは屋根葺き工事にとってかなり重要です。最近ではどの屋根にも必ず敷かれています。
屋根下地で防水させることは万が一、屋根から雨水が浸入してもルーフィングが防水させ、雨水を室内へ浸入させないという役割があります。構造用合板と屋根材を直貼りさせないことで、木材への保護にもなります。
IMG_5080-4-columns3
軒先には軒先水切板金を取り付けます。軒先水切の重ね合わせは50ミリ以上にします。
上面側を役物固定釘で455ミリ以下の間隔で留め付けます。
IMG_5015-columns3
のぼり木にけらば水切を取り付けます。ケラバ水切は軒先水切より20ミリ出して取り付けます。
役物固定釘で横から455ミリ以内の間隔で取り付けます。
IMG_5023-2-columns3
谷板金の先端は屋根材よりも30ミリ程度伸ばし、屋根材の先端から下に折り曲げます。
谷板金のジョイントは100ミリ以上重ねて、重なり部にはシーリングを2重にします。
IMG_5024-1-simple
谷板金に直接釘止めするのではなくこのように吊子を使って455ミリ以内の間隔で両側を固定します。

屋根材カラーベスト(コロニアルクァッド)到着です!

IMG_4637-simple
屋根材搬入しました。
使用する屋根材はカラーベスト(ケイミュー)です。
IMG_4619-simple
コロニアルクァッド
色:パールグレイ

カラーベストを屋根に荷揚げし、配置させます。

作業効率の向上と下葺き材の飛散防止の為、下記の写真のように屋根材を配置します。
屋根材・役物部材等が滑り落ちないように十分に注意します。
荷揚げ後はすみやかに施工を行っていきます。
IMG_4612-2-columns2

IMG_4611-columns2

IMG_5088-3-simple
カラーベスト専用固定釘を使用します。
屋根釘32:KL32TZ
66本/袋
鉄製溶融亜鉛メッキ・リング釘
(木下地・モルタル下地用)
IMG_5040-1-simple
カラーベストに固定釘打ち付け後です。

カラーベスト(スレート)葺きスタートです。

IMG_5082-1-columns3
軒板(スターター)の上端位置(軒先水切から212ミリ)に横墨打ちした後に専用軒板を張っていきます。
IMG_5085-1-columns3
軒板は軒先水切から20ミリ出して横墨に合わせて張っていきます。
軒板は横に強く突付けないように軽くすかす程度で施工します。
軒板は屋根釘4本で留め付けします。
IMG_5036-2-columns3
一段目の施工
軒板の取付後、屋根材と軒板の合わせ
マークを合わせて施工します。
IMG_2471-1-columns3
屋根材は一枚に対して屋根釘4本で固定します。
IMG_2484-columns3

IMG_2511-columns3

シングルカッター(ケイミュー)

平方屋根スレート専用切断機
IMG_2491-simple
全長×全高:1115ミリ×440ミリ
全幅(収納時):260ミリ(102ミリ)
最大切断寸法:主刃物・970ミリ 隅切刃・50ミリ
孔あけ寸法:上ポンチΦ3.5 前ポンチΦ4.0
前ポンチ孔あけ位置 40・50ミリ
重量(除:工具):≒22キロ
IMG_2492-1-columns3
ハンドルを持ち上げて左側から屋根材を差し入れ、下に刃の上に水平に置き、切断線を下の刃に合わせてカットします。
IMG_2493-columns3
谷樋部分のカラーベストを納めていきます。谷樋の溝に沿ってカラーベストをカットして固定釘で留め付けします。
IMG_2494-1-columns3
谷板の端部から60ミリ程度カラーベストを出します。
IMG_2504-columns3
屋根リフォームでは雨押え板金をその場で下地から作ります。
IMG_2508-columns3
笠木を板金の下地を入れビス留めします。
IMG_2510-columns3
加工した雨押え板金と取り付けていきます。
IMG_2521-columns2
雨押え板金取り付け後、壁との取り合いはシール処理を施します。
IMG_2524-1-columns2
壁際取り合い部の施工完了です。
IMG_5071-1-columns2
軒先から棟にかけて撮った写真です。
カラーベスト
棟板金の写真です。
棟板金の下地には貫板が打ち込まれています。
まっすぐ通った棟が完成しました。


IMG_2546-2-columns2
ケラバ板金部分
IMG_2522-columns2
下屋根カラーベスト部分

↓↓↓大屋根完成~外観

IMG_5165-3-columns3

カラーベスト

IMG_5069-3-columns3

大屋根 棟から谷にかけて取り合う部分~

before1
IMG_2711-3-before

horizontal
after1
IMG_5167-1-after

大屋根 谷樋部分~

before1
IMG_2038-1-before

horizontal
after1
IMG_5070-1-after

大屋根 棟部分~

before1
IMG_2757-2-before

horizontal
after1
IMG_5177-1-1-after

下屋根部分~

before1
IMG_2744-1-before

horizontal
after1
IMG_7597-1-after

建物外観~

before1
IMG_1339-2-before

horizontal
after1
カラーベスト

屋根工事竣工日に屋根全体の点検をして工事が終わります。
もちろん施主様立ち会いの元、施主様に確認後、足場を解体する許可がもらえると、
工事は竣工となります。
この現場では雨漏りが原因で悩まれていて、雨漏りを止めるための屋根葺き替え工事でした。
もちろんその後の雨漏りはありません。
施主様にも大変喜んで頂けました。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

吹田市 O様 横暖ルーフへの屋根葺き替え工事

20190222_190222_0008
IMG_0255-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
横暖ルーフ
築年数
40年
建坪
65坪
保証
5年
工事費用
430万円
施工事例

西区瓦屋根からガルバリウム鋼板に葺き替えました!

施工前瓦屋根
ガルバリウム鋼板施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板JFE鋼板
築年数
30年前後
建坪
123平米
保証
7年
工事費用
約180万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

箕面市|大屋根&下屋根「棟の積み替え工事」の施工例

IMG_0761
IMG_9472
工事内容
その他の工事
使用素材
いぶし瓦(淡路瓦)
築年数
築35年
建坪
保証
5年間
工事費用
約190万円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

葺き替え工事により雨漏りが解消した屋根

2021年1月12日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回の現場ブログでは、吹田市でおこなった屋根の葺き替え工事をご紹介します!きっかけは雨漏り。今後も長く住み続けるご自宅です。雨漏りを解決させ新しく強い屋根へリフォームい...........

屋根葺き替え工事後の金属屋根

※2020年11月19日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府高槻市で屋根工事をご検討中ですか?弊社が高槻市でおこなった屋根工事の事例をご紹介します!

屋根葺き替え工事後のスレート屋根

※2021年2月12日 記事更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。箕面市で屋根葺き替え工事をご検討中ですか?今回の現場ブログでは、弊社が箕面市でおこなった屋根葺き替え工事をご紹介します!箕面市で信頼できる屋根リフォーム業者をお探しで...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41