オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

堺市|漆喰詰め直し


堺市の現場で漆喰の詰め直し工事が行われました。

和瓦を用いた屋根では「漆喰(しっくい)」が面戸や鬼瓦まわりに使われています。
陶器瓦は寿命が約50年ともいわれ、耐久性はどの瓦よりも優れています。なので、メンテナンスもあまり必要とされない方ですが、漆喰は瓦よりも早く経年により劣化してしまいます。

劣化した漆喰は黒くなったり、穴が開いたり、剥がれたりしますが、その状態を放置すると、棟が歪んだり面戸瓦(めんどがわら)まわりの漆喰が剥がれてしまいます。すると、中の土が削れ出たりして雨水が浸入してしまいます。また、漆喰の劣化は、瓦のズレ・落下に繋がります。

棟からの雨漏りが発生する場合も多く、ほとんどがそういった漆喰の劣化現象の始まりからです。
漆喰はマメにメンテナンスが必要になります。
漆喰の状況によっては、漆喰詰め直し工事・棟瓦の取り直し工事(漆喰の積みなおし)が必要となります。

今回の工事では漆喰の詰め直し工事なので、既存漆喰を取り除き新しくなんばんを詰め替えました。

※面戸瓦(めんどがわら)とは?…棟(屋根頂上)などの内部に雨水が当たらないよう、また、棟内部が見えないようにする瓦のことです。

 関連ページ 


漆喰とは?

Image-URL-1-1
瓦屋根や外壁、天井などに使われる塗料です。消石灰にふのり、粘度を混ぜ合わせたもので、石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなどにも使用される建材です。

漆喰は時間と共に劣化していきます。目視でひび割れ・剥がれが確認できる場合、メンテナンスの必要が出てきます。


なんばん(南蛮漆喰)とは?

41bd92a948f6f4bf32899851ee03b661
通常の漆喰と異なり、シリコンや防水材が配合されてるため、雨水に強く耐久性が高いという特徴があります。

最近では、なんばんを用いた漆喰詰め直し工事が多くなり、通常の漆喰とは違って水と混ぜ合わせて捏ねたりせず、そのまま使えるというメリットがあります。

面戸や鬼瓦まわりに使用するのはもちろんですが、葺き土代わりにもなりますので、棟の取り直し工事が必要な場合は葺き土を撤去後なんばんを新たに瓦の下地として接着に使えます。


工事の施工手順

既存の漆喰を剥がす

1.まずは、劣化し剥がれかかった漆喰を割って撤去していきます。
なんばん(南蛮漆喰)は、面戸瓦(めんどがわら)に詰める場合はまず既存の漆喰を割り、中の葺き土(ふきつち)と呼ばれる土をやや取り除き、平らになるように整えます。
葺き土が見えるまで古い漆喰を撤去することで、後で詰めていくなんばんが定着します。

※葺き土(ふきつち)とは?…屋根の下地に敷く瓦をのせるための土をさします。


なんばん(南蛮漆喰)を用意

IMG_6043
2.大棟の漆喰の詰め直しです。使用するのはなんばんです。
最近では漆喰の詰め直し工事でなんばんが多く使用されるようになりました。


大棟になんばんを施工

IMG_6044
3.なんばんは、水で捏ねることもなくそのまま使用できます。色は白と黒がありますが、やはり白の方が多く使われています。様々な場所で使用でき、面戸だけだではなく鬼瓦まわりにも使われます。


IMG_6042
4.なんばんを詰めた時に熨斗瓦(のしがわら)の下から二段目の先より内側のラインまでなんばんを詰め整えていきます。


IMG_6057
5.なんばんは葺き土の代わりにもなります。
葺き土が少なくなり、棟が歪んでいるなど棟の取り直しなどが必要な場合は新しい土を入れていくにではなく、土を撤去しなんばんを葺き土にし、瓦を留めることができます。


屋根中央の鬼瓦にもなんばんを施工

IMG_6015
IMG_6014
6.雨漏りを起こしやすい鬼瓦まわりの漆喰の詰め直しをいたしました。
このように、人の目にほぼ触れることがない部分(屋根の頂上付近)の鬼瓦は設置せず、漆喰のみで仕上げることがほとんどです。
特に、雨風・直射日光に当たりやすく劣化が早いのが鬼瓦まわりの漆喰です。漆喰が剥がれてしまうと、内部の葺き土が流出し、そこから雨水が入り込んで雨漏りへと繋がりやすくなります。


工事完了

IMG_6013
IMG_60161
漆喰が詰めおわりました。
このように、漆喰の補修をしっかりと行うことで雨漏りを防ぎ安心してお過ごしいただけます。漆喰の劣化状況が酷く、棟が変形している場合、棟の取り直し工事を行う必要性が出てきます。その場合は、漆喰の詰め直し工事に比べ費用が高くなります。

 関連ページ 


瓦屋根の漆喰の詰め直し工事は街の屋根やさん大阪吹田店へ

e209dd71030a38374efd2a345e326502-2
「瓦から漆喰の破片がおちてくる…」
「瓦屋根から雨漏りしている…」

このようなお悩みをお持ちの場合、もしかしたらご自宅の瓦屋根の漆喰に原因があるかもしれません。
古くなった瓦屋根の漆喰詰め直し工事も「街の屋根やさん大阪吹田店」へお気軽にご相談ください。まずは、無料で現地調査をさせていただきます。
その他、分からないことがございましたら、何でもお気軽にお問い合わせくださいね。

 関連ページ 


同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市都島区の棟板金交換|飛散した棟板金を交換工事しました。

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバニウム鋼板)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰

大阪市生野区で屋根調査依頼の問い合わせを頂きました。問い合わせのキッカケはお客様の建物の裏で屋根の漆喰詰め直し工事を他の業者が施工していたようで、施工中に「一度、屋根を点検してあげましょうか?」と声をかけてきたようで実際に屋根の上に上がって...........

棟板金

枚方市にお住いの方からお問い合わせを頂き、強風により棟板金の一部が飛散してしまい、棟板金の交換を施工することになりました。合わせてトップライト2箇所をカバー工事により塞いでしまうという工事も施工いたしました。トップライトは新築時に部屋が明る...........

CB補修

CB塀のCBのジョイントのモルタルに切り込みが入っていました。

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41