オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

箕面市 雨漏りが発生した屋根裏とは?無料点検を実施しました


texts
こんにちは!街の屋根やさん吹田店です。

突然天井からポタポタと雨漏りしてきたり、綺麗だった天井に雨染みが出来たら・・・

原因はどこなのか、屋根は、屋根裏はどうなっているのかとあせってしまいますね。

そもそも屋根裏を確認しようにも、お住まいの屋根裏の構造を把握している方のほうが少ないでしょう。

今回は、箕面市にて「雨漏りが発生したので至急屋根裏をみてほしい」とのご依頼があり、無料点検をおこなった様子をご紹介いたします。

居室内の天井には雨染み跡があり、原因を特定させるため屋根裏を調査しました。

雨漏りしている建物には、たいてい屋根裏にも雨染みがあったり、雨漏りしているケースが多いです。

経験もなく屋根裏にのぼるのは危険ですし、専門知識がないとなかなか原因の特定は難しいものです。

雨漏りが発生したり、屋根や屋根裏の劣化や異変に気づいたときは、お気軽に街の屋根やさん吹田店の無料点検をご利用くださいね。

 関連ページ 



headlinesheadline

天井から雨漏り発生!屋根裏を点検しました

columns
IMG_6786
さっそく雨漏りが発生した天井部分の真上にあたる屋根裏の無料点検開始です。

雨漏りの原因は、屋根や外壁、雨樋やサッシなど多岐にわたるのですが、大半は屋根部分に原因があります。

ただ、屋根に劣化や不具合があったとしても、すぐに居室に雨漏りすることはありません。

屋根の下には防水シートや葺き土などの屋根下地材があり、その下には野地板があり、さらにその下には屋根裏があります。

雨漏りは、雨水や結露が屋根裏をつたって居室へと浸入して発生するため、実際には屋根の不具合や劣化や発生してから雨漏りが発生するまでには時差があります。
headlinesstrapline

雨水は屋根裏のどこに浸透していくか

columns
IMG_67801
屋根裏には構造上、使われる木材がたくさんあります。

その下のスペースには断熱材や電気配線などが敷かれてあります。

屋根からの雨漏りの場合は、この断熱材にポタポタと雨水が落ちて雨染みが広がっている場合も多々あります。

 関連ページ 
columns
IMG_6769
屋根の裏側は、梁や垂木、母屋などの構造材によって形成されています。

その上に敷く野地板も、今は構造用合板が多く使用されているため、木材と木材の隙間は普通はこここまであいていることはありません。

ただ、ひと昔前に施工された屋根だと、野地板部分に杉の木の板を並べて施工していたため、このように隙間が空いています。

その上に防水紙を敷き、屋根瓦や葺き土が乗っています。
columns
IMG_6773
このように野地板との隙間が大きい場合には、ここを雨水が通過し、天井裏に浸透して雨漏りに繋がります。

昔の防水紙は今の防水シートとは異なり、かなり薄く出来ています。

何度も雨水が浸入すればいずれは破れてしまい、その後屋根裏に浸入する雨水の量は確実に増えます。

現在では、改質アスファルトルーフィングという防水シートがあり、屋根材がもし割れても防水シートで守ってくれるため、雨水が屋根下地に浸透しにくい造りになっています。

 関連ページ 

headlinesstrapline

屋根裏にある断熱材のカビ被害にもご注意を!

columns
IMG_6763
屋根裏には断熱材が入っているお住まいが多いです。

断熱材の材料は、ロックウールやグラスウールなどが多く見られます。

屋根から屋根裏へ雨漏りが発生している場合でも、この断熱材があるために、居室内の天井に雨漏りが発生するまでにはタイムラグがある場合があります。

そのため、天井から雨漏りしてきたり雨染みを発見した時には、屋根裏の断熱材に大量のカビが発生している可能性があります。

さらに雨水が浸入して湿気がこもれば、周辺の木材の腐食にも繋がるため、出来れば屋根や屋根裏は何もない平時でも定期的に点検しておくのがベストです。
headlinesstrapline

屋根裏の雨漏り被害

columns
IMG_6768
梁や柱、垂木などの躯体にも雨漏りした浸みが出ます。

躯体が劣化してしまうと家の寿命にも関わってきます。

柱や梁などが腐食してしまうこともあります。

雨漏りしているのに部屋内に出ないだけで屋根裏では雨水が浸入していることは少なくないですし、恐ろしいことです。
headlinesheadline

雨漏りや屋根トラブルでお困りの方は街の屋根やさん吹田店へ

columns
staff01-detail
雨漏りの原因といっても、今回のような排水口の詰まりから、屋根の劣化、ベランダの防水層の劣化など、状況によってさまざまな原因と解決策があります。

経験や専門知識がなければ、劣化具合はどれほどか、修理が本当に必要かどうかなど、パッと見ただけで原因を判断するのは難しいものです。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然です。

「街の屋根やさん吹田店」では、そんな

「原因がわからない」
「解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった修理前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに修理とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

関連ページ




この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り

※2020年9月23日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市都島区にお住いの方から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りの状況は、2階建・2階の天井から水が浸みだしているということです。今回、お問い合わせを頂いたのは住...........

屋根葺き替え後の金属屋根

※2020年9月23日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で屋根リフォーム、屋根修理の業者をお探しでしたら、北摂地域密着型の「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。今回は、弊社が豊中市でおこなった屋根リフォームをご紹...........

雨漏りしている天井と壁

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府摂津市のマンションオーナー様から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りに気付いたきっかけは居住者の方からのお問い合わせということです。お話をお伺いすると、過去...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41