外壁、軒天塗装!吹田市上山手


外壁塗装は建物を美しく見せるためと、雨風から守るための重要な役割をかねています。

まず高圧洗浄で汚れやコケなどをきれいにしてから下塗りをします。
下塗りは建物に塗料をしっかりとくいつかせるためにおこない、中塗り、仕上げと作業していきます。
サッシまわりやコンセントボックスまわりをきれいに仕上げるためには、養生をきちんとすることです。
軒天の塗装
玄関の真上にあたる軒天塗装
サッシまわりと軒天塗装
サッシまわりと軒天塗装
軒天部分は塗料がたれやすいので、できるだけ薄く重ね塗りをしていきます。
コンセントボックスまわりの塗装
コンセントボックスまわりの壁塗装。
外壁塗装最終確認
塗装後の汚れ。
全ての塗装が完了した後に最終確認をおこないます。
塗りわすれやむらがないかを確認後オーナー様にも見ていただきOKをいただけば工事完了となります。

上の写真は足場を解体する際にあやまって手をついてしまった汚れだと思いますが、絶対にほったらかしにはしません。
チェックシールを貼り残し、きれいな状態に戻します。

いくらいい仕事ができてもお客様に喜んでいただかなければ意味がありませんし、うそ、ごまかしは絶対に許されないことですから。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?