吹田市岸部|軒天が腐食して剥がれています。


軒天
軒天の化粧木部が腐食しはがれています。

ベニヤ板がみえてしまってますね。相当な劣化です。

黒く見えるのは雨染みです。


軒天
化粧木部が完全にはがれベニヤがむき出しの状態です。

雨染みだけを見れば、長期にわたり雨漏りをしていたと考えられます。

雨漏り箇所を特定し工事しておかなければ、軒天だけではなく、壁にまで浸入してからでは大変な工事になりますのでご注意ください。
では何が原因でこのような激しい損傷状態になったのでしょうか?
瓦交換
オーナー様に聞くと、1枚だけ瓦がはがれていたみたいなのですが、2年位放置していたらしいです。

その影響で真下の軒天に雨水が浸入したと考えられます。

直接部屋にでも雨漏りすれば気づくのですが、軒先やケラバの下は外部になりますので発見が遅れますので仕方がないと思います。

幸い壁には水がまわっていませんでしたのでひと安心でした。
建物の専門知識がなければ雨漏りの原因を特定するのはとても難しいことだと思いますし、我々プロでも絶対にここ!!と特定するのは難しいことです。

特に雨漏りの原因には屋根が悪さをしていることが多いですし、のぼることも危険ですし仕方ないでしょうね。


今回の雨漏りの原因は屋根の経年劣化になりますので、工事としては、屋根の葺き替えと軒天のはりかえを提案させていただきました。
雨漏り

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?