岸和田市|現地調査で雨漏り箇所を特定します!

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

大屋根の調査の続きを紹介させていただきます。
雨漏り原因は棟まわりの漆喰の劣化が原因だと思います。
棟の漆喰
下り棟の取り合いの漆喰が剥がれています。
棟の漆喰
漆喰が剥がれ雨水が浸入し棟に積んでいる土が流れ出ている状態です。
漆喰のはがれ
漆喰が剥がれ屋根に破片が残っています。
漆喰のはがれ
漆喰に穴があいていますが鳥の仕業でしょうか?
それとも雨水の浸入により土が削りだされたのかもしれません?
色々な原因が考えられますが大屋根からの雨漏りの可能性が高いので、念のため2階の天井と屋根裏の調査もさせていただくことになりました。
2階廊下天井
2階の廊下の天井にも雨染みが確認できました。
梁の雨染み
梁と壁に隙間が確認できました。
屋根裏
屋根裏の状況ですが柱、梁、軸組みの木材は35年とは思えない位きれいな状態です。

ただ野地板の(杉板)の隙間から瓦の下の土が流れ出てきているのが確認できました。特に雨染みが確認できた箇所は氷柱のようになっています。

雨漏りの原因を特定できました

雨染みが出ていた雨漏りの原因ををほぼ特定できました。

大棟、下り棟の漆喰まわりからの雨水の浸入により、壁や柱、梁をつたい天井に雨染みをもたらせたとたと考えられます。
二次災害に発展する前に工事をされたほうがいいと思います。

築年数を考えますと既存の瓦と土を撤去し、野地板を張り直し、防水紙を施工し軽い屋根に葺き替えをご提案させていただきました。
雨漏り

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熨斗瓦と大棟のゆがみをチェック

■下り棟の瓦が台風で倒壊。中の土が見えています台風や地震などの災害時、瓦屋根で被害が大きく出るのは棟、ケラバ、軒先など屋根の端や先端部分です。現地調査でもこれらの個所を詳細に見させていただきました。

めくれたスレート板金部分に応急処置の防水シート

■スレート屋根の大棟板金が台風の強風により吹き飛んでしまいました。この度は寝屋川市のスレート屋根の現場からです。台風21号は関西圏に大きな被害をもたらした台風でしたが、屋根への影響は最も大きく、その中でも瓦屋根の被害は特に沢山の調査依頼をい...........

めくれた棟板金

吹田市にある製品加工・組立の製造工場の金属屋根が破損しているとのご連絡を受け、さっそく現場に伺いました。弊社からほど近い現場で、即伺わせてもらい屋根の調査を開始いたします!