岸和田市|現地調査で雨漏り箇所を特定します!

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

大屋根の調査の続きを紹介させていただきます。
雨漏り原因は棟まわりの漆喰の劣化が原因だと思います。
棟の漆喰
下り棟の取り合いの漆喰が剥がれています。
棟の漆喰
漆喰が剥がれ雨水が浸入し棟に積んでいる土が流れ出ている状態です。
漆喰のはがれ
漆喰が剥がれ屋根に破片が残っています。
漆喰のはがれ
漆喰に穴があいていますが鳥の仕業でしょうか?
それとも雨水の浸入により土が削りだされたのかもしれません?
色々な原因が考えられますが大屋根からの雨漏りの可能性が高いので、念のため2階の天井と屋根裏の調査もさせていただくことになりました。
2階廊下天井
2階の廊下の天井にも雨染みが確認できました。
梁の雨染み
梁と壁に隙間が確認できました。
屋根裏
屋根裏の状況ですが柱、梁、軸組みの木材は35年とは思えない位きれいな状態です。

ただ野地板の(杉板)の隙間から瓦の下の土が流れ出てきているのが確認できました。特に雨染みが確認できた箇所は氷柱のようになっています。

雨漏りの原因を特定できました

雨染みが出ていた雨漏りの原因ををほぼ特定できました。

大棟、下り棟の漆喰まわりからの雨水の浸入により、壁や柱、梁をつたい天井に雨染みをもたらせたとたと考えられます。
二次災害に発展する前に工事をされたほうがいいと思います。

築年数を考えますと既存の瓦と土を撤去し、野地板を張り直し、防水紙を施工し軽い屋根に葺き替えをご提案させていただきました。
雨漏り

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

pixta_35397427_M

この度大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生いたしました。

雨漏り押入

東淀川区にお住まいになっているお客様の雨漏り調査に行きました。今年も雨季の季節で一番多い問合せが雨漏りです。雨漏りは当たり前ですが雨が降らないと雨漏りはしません。雨は季節関係なく降りますが、継続的に雨が降った事により雨漏りしてしまったという...........

ウレタン防水工事完了

先日3階建ての劣化し防水効果の落ちたベランダ屋上の様子をご覧いただきました。本日はそちらの現場のウレタン防水工事の作業を順を追ってご紹介いたします。ウレタン防水工事通気緩衝工法で施工させていただいた今回の現場ですが、この工法のメリットは防水...........