ロフトの天井クロスが剥がれている?雨漏りが原因なのか?東淀川区


東淀川区の木造3階建て住宅のオーナー様よりお問い合わせの電話いただきました。

まだ築12年なのに天井のクロスが剥がれてきていて木部が腐っているのが見えるとのことでしたが、見てみないことには分かりませんので翌日の朝お伺いさせていただきました。

目に飛び込んできたのは…!
天井
壁際から1メートルほど天井が切り抜かれていました。

新築時施工された工務店は倒産してしまったようで、施工元の設計士が調査したそうですが、オーナ様に結論を聞きますと湿気によるカビとの判断だったらしいのです。
天井
約4メートル天井が切り落とされていました!
僕の目に飛び込むのは???ばかりでした。

オーナー様の許可をいただき養生の一部をはがしてみることにしました。

屋根裏の中は?

天井の軸組み
棟木、垂木、野地板が真っ黒でした!まるで焼け焦げたようでした。

施工元がカビが原因といいますが雨漏り調査はされていないとのことでしたので屋根にのぼって調査することにしました。
天井の軸組み
垂木も棟木から崩れ落ちそうです。
なぜこうなったのか? 原因は?
必ず特定しお客様に安心していただきます。
とにかくオーナー様の不安を少しでも安心にかえてあげなければ!しかも子供部屋でしたのでなおさら不安も大きいと思いますので…
天井の軸組み
防水紙の状態が気になりましたのでお客様に許可をいただきカッターナイフで切り込んでみました。
天井裏
野地板は本来12ミリあるものが1ミリ程度しか残っていませんし防水紙も防水塗料を塗布している面が剥げて薄くなっていました。
断熱材
屋根裏の断熱材を引っ張地抜いてみました!

果たして湿気が原因ならばここまで水が流れたようになるのでしょうか?
屋根裏
棟から2メートル位の野地板の状態です!

断熱材とよく似たシミに見えます。

屋根に上ってみました

スレート屋根
丁度垂木が腐食している真上に上がってみました!

スレート自体はまだ大丈夫そうですが全体的に中央寄りに屋根が下がっています。
棟板金
真ん中あたりが下がっています!

横雨に打たれてしまえば、防水紙がきいてなければ居室内に雨漏りする可能性は高いです!
スレート屋根
片流れの屋根形状では棟付近の雨漏りが多いのですが、特に板金の浮きや劣化は確認できませんでした。
どちらにせよ今回のケースは屋根をめくってみないと原因は難しいところです。

棟木や垂木、野地板の状況を考え散水試験はできませんので、後日原因を特定するため2次調査をします。

雨漏りや湿気が原因であっても、木部(棟木、垂木)の補修と屋根の下地(野地板)はやり直さなければ不安は解消されませんので、スピードをあげ取り組みたいと考えています。
雨漏り

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。