阿倍野区 石ブロック塀の劣化の現地調査。もろくなり剥がれ落ちてしまっています

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

阿倍野区の石塀2階建ての現場調査に伺いました。
ブロック塀と同じくブロックによる門構えの建物でしたが、そのブロックが劣化によりもろく剥がれ落ちていました。
阿倍野区石ブロック塀が劣化し一部もろくなり剥がれている様子

ブロック塀にも寿命があります

ブロック塀劣化により表面が剥がれ落ちている様子
■ブロック塀の耐久年数

ブロック塀にも寿命がありますが、きちんとメンテナンスをして約30年と言われています。

ブロックの中には鉄筋が入っています。
経年により素材の特性上アルカリ寄りだったものが中性化し、中の鉄筋に錆を生じさせてしまいます。

そうするとブロックの表面もポロポロと剥がれ落ちてきたり、割れが生じたり、劣化が進むと倒壊にもつながってしまいます。
ブロック塀劣化により表面が剥がれ落ちている様子
こちらは足元のブロック。欠け落ちて角が無くなってしまっています。
ブロック塀劣化により表面が剥がれ落ちている様子
ブロック塀の上部も剥がれ落ちています。これは美観もですが、安全面から見ても大変危険ですね。

門構えも劣化していました

ブロック塀劣化により表面が剥がれ落ちている様子
■建物の大事な門構え

表札やインターホン、灯りなども設置されているお家の顔とも言える門構え。

ここもかなりの劣化が見られました。

コンクリートの性質はアルカリ性です。
ですが酸性雨などの影響によりコンクリートが中性化してしまい、これがブロックの割れなどの劣化の引き金になってしまうのです。

ここまで割れが進むと通行人にも影響が大きいですね。
ブロック塀劣化により表面が剥がれ落ちている様子
門構え左右とも激しい劣化がみられました。
こちらは正面向かって左側。
ブロック塀劣化により表面が剥がれ落ちている様子
こちらは正面向かって右側の門構えです。

現地調査の必要性

阿倍野区劣化したブロック塀の門構え全貌
今回は塀や門構えの現地調査をさせていただきました。

お客様にご自宅の現状を知っていただくのは大変大事なことです。
ここまで劣化が進んでいる、屋根の現状はこうで、外壁の剥がれが生じており、いついつごろのメンテナンスが必要です、等。

お電話をいただきましたら即現地調査に伺いプロが丁寧にチェックし、的確にご報告させていただきます。

この工事の現場ブログ

旧くなって黄ばんだ波板ポリカーボネート屋根

2017/04/05/ 阿倍野区 ベランダの波板ポリカーボネートの屋根材の取替工事②

ベランダの雨除けのポリカーボネートの屋根が劣化し、雨漏りしていました。雨除けの意味をなさない屋根では生活する上で支障をきたします。本日は取替工事の様子をご覧いただきます。

新しい波板ポリカーボネートのベランダ屋根

2017/04/04/ 阿倍野区 ベランダの波板ポリカーボネートの屋根材の取替工事①

ベランダや屋上バルコニーに設置されているポリカーボネート樹脂の屋根の取替工事に行ってまいりました。経年劣化によるものか何か原因は分かりませんが、破れや穴あきなどの破損が生じたポリカーボネートの屋根材の取替工事を行いました。その割れた箇所から...........

阿倍野区石ブロック塀が劣化し一部もろくなり剥がれている様子

2017/04/07/ 阿倍野区 石ブロック塀の劣化の現地調査。もろくなり剥がれ落ちてしまっています

阿倍野区の石塀2階建ての現場調査に伺いました。ブロック塀と同じくブロックによる門構えの建物でしたが、そのブロックが劣化によりもろく剥がれ落ちていました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ウッドデッキ撤去

吹田市にお住まいのF様邸。ウッドデッキ撤去工事。問合せを頂いたのは単純に屋根に設置されているウッドデッキが古くなってきたのでそれを撤去してほしいという内容です。街の屋根やさん大阪吹田店は問合せを頂いたらなんでも致します。事務所は吹田市の江坂...........

カーポート交換工事

高槻市でカーポートの交換工事が施工されました。今回、カーポートを交換することになった理由はお隣にお住まいの方がトラックをレンタカーしており、そのトラックがカーポートに衝突してしまい、パネルが破損して支柱が曲がってしまったとのことでした。施主...........

茨木市 棟の捲り

茨木市 4段熨斗積みの棟を強力棟で積み替えます。こんにちは!街の屋根やさん松本和也です。本日は、棟の積み替えをしたいというお住まいでの工事の様子をブログにてご紹介いたします!現状、4段熨斗積みの冠瓦で収められている旨で、とても立派な仕様にな...........