吹田市|大棟積み直し漆喰詰め直し、谷板金交換工事の現場一年後点検です。


とっても天気のいい日に一年後の定期点検にお伺いさせていただきました。

こちらの吹田市の現場は、棟の取り直しと漆喰なんばんの詰め直し、谷板金の入れ替えなどの工事をさせていただいた、吹田市の瓦屋根の住宅です。
居室の雨漏りからご連絡ご依頼いただき、屋根補修施工となりました。
施工後、棟のゆがみなどが生じていないか、また新たに屋根に不具合など起きていないかを調査させていただきました。
補修後の大棟や屋根瓦の様子

屋根に上がって目視調査です

屋根工事1年点検
弊社が施工させていただいて一年。現状はどのようになっているのでしょうか?さっそく屋根に上らせてもらいます!
屋根工事1年点検
ざっと見渡してみると、屋根瓦に大きな欠損などは見られない様子。もう少し詳しく見ていきましょう。
屋根工事1年点検
一年前の補修では、熨斗瓦のズレや面戸漆喰の劣化などが見られました。補修後の綺麗な状態がキープされているようです。
屋根工事1年点検
大棟のゆがみが見られ補修。その後ズレもなくきれいな直線を保っています。
屋根工事1年点検
■点検の様子は写真を撮って

→鬼まわりの漆喰にも剥がれなどの劣化が見られていました。

こちらも漆喰の詰め直し作業をさせていただいて、一年後。とてもきれいに収まっています。

↓補修前は谷板金に穴が開いていました。もちろんこちらも入れ替えました。
大棟も当時は大きなゆがみが見られていましたが、まっすぐに積み替え

こちらの調査結果ももちろんお客様にご報告させていただきます。

お客様は屋根に直接上がって実際の様子を見ることはなかなかできません。

そこで我々が屋根に上がり写真を撮り、しっかりご報告させていただくことで、屋根が健康であることをご確認していただくのです。補修してハイ終わり、ではないのです。

我々は一年後まで屋根の状態を把握しご報告するまでがメンテナンスと考えております。
もちろんお客様が随時気になったことにも迅速に対応させていただきたいと思っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!
屋根工事1年点検
屋根工事1年点検

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

崩れている棟瓦

こちらが前回紹介しました池田市の雨漏りの現場調査の模様です。棟瓦、壁の取り合い、ケラバ部分が崩れており、あちこちから雨漏りがありました。本日は棟の積み替え工事の模様をご紹介いたします。

既存ウッドデッキ

すっかり春になり、暖かい日差しになってきました。今回の現場は吹田市の屋上から綺麗な桜を眺められる家でした。こんにちは街の屋根やさん吹田店です。元々のお問い合わせは『屋上のウッドデッキを解体して欲しい』という内容でした。ウッドデッキは屋上に設...........

5段熨斗瓦の棟

前回は茨木市の住宅での雨漏り調査を行いました。調査の結果、間違った棟瓦の防水施工をされており、棟瓦をコーキングで埋めており、水の抜け道がなくなり、隅棟からの雨漏りしている事が判明しました。今回は、隅棟を一度取り崩し、防災棟への積み替え工事の...........