オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大東市 屋根漆喰調査の流れをご紹介。


texts
大東市 入母屋形状の屋根の漆喰調査の依頼。

インターネットで弊社のホームページをご覧いただいたお客様から、
漆喰を調査してほしいとご連絡がありました。

お客様宅では16年ほど前にも漆喰の補修を行っており、

漆喰の面が通常より前面にせり出してしまっており
のし瓦と漆喰の間から雨水が浸入しやすくなっていました。


columns
IMG_4235
立派な日本家屋です。
下屋根には谷(屋根と屋根が合流している凹の部分)が多く、
谷も雨漏りの原因となりえます。
谷の漆喰も併せて点検していきます!
IMG_42201
こちらが谷の写真です。
谷部には銅板金が使用されています。
そして銅板金の端には漆喰が施工されています。
このように漆喰が割れていたり、剝がれているとそこから
屋根内部に水が周り、
屋根自体を傷めてしまう原因となります。

columns
IMG_4227
下屋根の棟部分の写真です。
棟の部分の下白い箇所が漆喰です。
通常、漆喰はのし瓦(棟部の四角い7段で積んである瓦)
の下から二段目よりも内側に入れ込まなければなりません。
二段目よりもせり出していると、
雨水が漆喰の中に入りやすくなってしまうためです。
IMG_8228
棟はまっすぐ通っているため、とても健全な状態で大丈夫です!
大屋根部は大丈夫でしたが、下屋根は、
写真のように漆喰がのし瓦の二段目と
ほぼ同じ位置まで施工されています。
こういった場合注意が必要です。
columns
IMG_4213
下屋根の壁との取り合い部の漆喰も同様に詰まりすぎているため、
漆喰の詰め直しを提案させていただきました!
大きいお宅のため計測に多少時間がかかってしまいましたこと。
お詫び申し上げます。
IMG_4288
塀の計測、点検も行い、
調査の報告をさせていただきました。
屋根の状況を点検したところ、
定期的にメンテナンスされているようで、
全体的に屋根の状態は綺麗に保たれていました。
texts
私共といたしましては、
漆喰の状態が気になりました。
漆喰が詰まりすぎており、
そこから発生する雨漏りのリスク。
漆喰の裏側に雨が回り込むことで
棟の中の葺き土に雨が染み、
柔らかくなった葺き土が内側から漆喰を押し出してしまうことがあります。
これから長く住まれるにあたって、気になる点です。

『漆喰の詰め直し』

をお勧めいたします。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

吹田市|棟の取り直し・谷板金入替工事施工事例

棟
棟
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
その他の工事
使用素材
なんばん
築年数
30年
建坪
45坪
保証
5年
工事費用
約40万円
施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下り棟飛散

※2020年7月6日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回、ご紹介するのは大阪府摂津市でおこなった「台風被害を受けた瓦屋根の復旧工事」です。工事の内容は「瓦差し替え・棟(むね)積み直し」です。街の屋根やさん大阪吹田店は吹田市・江...........

棟積み直し

吹田市で棟の部分積み直し工事の一部をご紹介致します。去年の9月4日の台風21号の影響による屋根被害で何度もご紹介してる棟工事。現場ブログでもたくさん取り上げているほどこの台風被害でも棟の崩壊の問合せはたくさんありました。棟の工事では大きく分...........

袖瓦飛散

本日は豊中市より瓦屋根の被害状況をご紹介させて頂きます。

大阪北摂地域では昨年の台風被害がまだ残っています。

世間は梅雨入り、九州では109万人に避難指示が出るほどの大雨が降りまし...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41