吹田市、連棟造りの切妻屋根、瓦の割れからの雨の浸入。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

本日の現場ブログは、

吹田市雨漏り調査の様子をお伝えいたします。

現場の家屋は、切妻屋根という横から見たらハの字の形をした屋根です。

屋根材の種類は釉薬瓦で葺かれていまいた。

それでは雨漏りの原因を探っていきます。
連棟 釉薬瓦で葺かれた屋根
こちらが現場の屋根の様子です。

奥の方の瓦を見てみると、

瓦の列が直線になっておらず、

歪んでいるのがお分かりいただけると思います。

これは瓦がズレているためです。
切妻屋根 棟の歪み
なぜ瓦がズレるかというと、

瓦は軒先(屋根の傾斜)の低いとこから順番に上へ葺かれていき、

最後に頂点の棟で押さえつけ固定します。

棟は本来真っすぐに通っていなければいけません。

がこちらの家屋の棟はうねるようにズレ始めています。
釉薬瓦葺き面戸の漆喰の剥がれ
棟の下の面戸には石灰、砂、海藻糊などから作られる漆喰が施工されてあるのですが、

漆喰がはがれて落ちています。

実は、瓦の下、棟の中には葺き土と呼ばれる土が入っているのですが、

漆喰の隙間、や棟の隙間から入った雨水が、

中の土を濡らし、最初はがちがちに固められている土が崩れてきます。

葺き土は瓦を固定するために施工されているので、その土が崩れてくることにより

棟の形が崩れてきます。

そうすると最初は隙間なくきっちり収まっていた棟に隙間が生まれて、

その隙間からさらに雨水が入り込み土を崩し、

瓦の下にまで水が入り瓦の下の葺き土まで崩していきます。

それを繰り返し、瓦のズレが起こり隙間が生まれ水が入り込み、

という負のサイクルが生まれてしまうのです。

そのサイクルを生み出す前に、漆喰は劣化しますので、10年~15年毎にメンテナンスが必要になってくるのです。
追い当ての浮き
棟の下には瓦のサイズ合わせで長さを切って調整している、追い当てという瓦が葺かれています。

その追い当てが葺き土の崩れにより落ちてきた棟の重さで浮いてしまっています。

こうなると、隙間も生まれますし、

追い当ての下などの瓦にも変な力が働いてしまいます。


釉薬瓦の割れ
そうして、その力に耐えきれなくなった古い瓦がこのように割れて雨漏りを引き起こしてしまいました。

今回の雨漏りの直接的な原因はこの瓦の割れによるものです。

また、瓦はビシッと施工されているときは水の浸入にかなり強い屋根材なのですが、

少しでもずれてくるとその隙間から雨が入ってしまうのです。

この割れ以外にも侵入経路は無数にありました。
瓦の下に入っている葺き土の崩れ
割れた瓦の下の葺き土も崩れてしまっており、

瓦の固定力も全体的に弱まっています。
釉薬瓦の割れの補修
雨漏りをしているので、この割れについては防水テープで簡易的に補修をしておきました。

が、瓦の劣化も激しく、

全体的に瓦がズレており、

補修工事はとてもできないと判断させていただきました。

お客様と話し合いの上、

ガルバリウム鋼板という耐久性、メンテナンスフリーの板金屋根への葺き替え工事の提案をさせていただき、

次回お見積りをお持ちさせていただく運びになりました!


この工事の現場ブログ

葺き替え工事前の瓦屋根

2017/02/24/ 吹田市 瓦屋根から、安価で丈夫な立平での屋根の葺き替え工事

おはようございます!本日の現場ブログは、吹田市 雨漏りでお困りのお客様の家の屋根工事の着工の様子をお伝えいたします!現場のお宅のもともとの屋根材は瓦葺きでしたが、今回の工事で瓦の屋根から、ガルバリウム合板という耐食性に優れた板金屋根への葺き...........

吹田市葺き替えから一年立平葺き

2018/03/01/ 吹田市 連棟の家屋、屋根葺き替えから1年後、定期点検に伺わせていただきました。

吹田市 連棟の家屋、屋根葺き替えから1年後、定期点検に伺わせていただいた様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。本日の現場ブログでは私、松本和也が更新させていただきます。瓦屋根から雨漏りが発生していたお住まいで、ガルバリウム鋼板の屋根材...........

足場架け払い工事 着工

2017/02/22/ 吹田市 屋根葺き替え工事の現場での足場架け払い工事

おはようございます!本日の街の屋根やさん現場ブログでは、先日雨漏りでのお問い合わせをいただいたお客様宅で、屋根の葺き替え工事のご契約をいただきましたので、屋根工事をする際に必要になってくる足場架け払い工事の着工の様子をお伝えいたします。この...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

3階建て建物外観

こんにちは。街の屋根やさん大阪吹田店です!台風被災後の補修工事、現地調査のご依頼を多くいただいております。今回は摂津市のスレート屋根の現場からご依頼があり現地調査と応急処置をさせていただいた様子をご覧いただきます。3階建ての建物で、形状は切...........

台風で被災した瓦屋根

この度は大阪市生野区の青色の瓦屋根の現場調査に伺いました。こちらの現場も先日の台風の強風に瓦があおられ屋根等に甚大な被害を受けていました。大棟、下り棟の丸瓦は外れてしまっているところもあり、中の土もむき出しの状態です。強風のせいなのか棟の熨...........

ブルーシート養生した建物外観

屋根を全体的にブルーシートで覆った現場です。現地調査により屋根全体が大きく被災していることが分かりました。部分部分を小さく養生するより、建物自体そして家屋内部への被害や負担を考えて広くブルーシートで覆い応急処置という形をとらせていただきまし...........