大阪市生野区。棟の積み替え工事が着工。着工日は材料の荷上げから。


大阪市生野区の現場で本日、棟の積み替え工事が着工致しました。

しかし天気は雨予報です。朝一番では雨は降っていませんでしたが、

お昼過ぎから雨が降る予定です。

今回は棟の積み替え工事なので棟を撤去する作業から始めます。

棟を撤去すると屋根の下地の状態になるので、雨が降ってくると大変です。

その為、天気とはいつも睨めっこです。

今日は天気も不安定なので、朝一番に現場に職人と現場監督が集まり、

作業の確認をしました。

本日の作業は材料を屋根の上にあげるというだけの作業になりました。

材料とはなんばんと防災棟です。

本来は屋根にスライダーを架け、ユニパー(荷揚機)を使い材料を屋根に上げます。

ところが、この建物まわりには電線がかなり張られています。

スライダーを架けることもできません。

つまり人の手で積み上げるということです。

電線があるのでハシゴも角度をつけることができず、かなり急なハシゴを架けることになります。

このハシゴを急に架け、人がハシゴを支え材料を担いで荷上げします。

約1時間の作業で荷上げが終わりました。

本日の作業はこれで終了です。

明日が本格的な棟の積み直し工事がスタートします。

腕のいい瓦職人の作業とはこのようなような施工をするところをご紹介します。

棟積み替え工事
屋根は瓦屋根の切妻です。
棟積み替え工事
棟にかかる最後の瓦、おいあてが割れています。
その上にはのし瓦が3段積まれています。
棟積み替え工事
今回は平板瓦と冠瓦(防災棟)、下地のなんばんを使用します。
この材料を荷上げします。
棟積み替え工事
荷上げ完了です。
約1時間の作業でした。
明日は晴れなので、本格的に棟の積み替え工事がスタートします。

この工事の現場ブログ

棟積み替え工事

2017/07/12/ 大阪市生野区。棟の積み替え工事が着工。着工日は材料の荷上げから。

大阪市生野区の現場で本日、棟の積み替え工事が着工致しました。しかし天気は雨予報です。朝一番では雨は降っていませんでしたが、お昼過ぎから雨が降る予定です。今回は棟の積み替え工事なので棟を撤去する作業から始めます。棟を撤去すると屋根の下地の状態...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

生野区|外壁サッシ廻り部分シール打替え工事のビフォーアフターです

外壁サッシ廻り部分シール打替え工事前
外壁サッシ廻り部分シール打替え工事後
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
シリコンシール材
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
145,000円(足場架設工事費込み)
施工事例

生野区|本棟積み替え工事。なんばんとおいあて瓦を新たにしました。

大棟積み替え前の青い瓦屋根
大棟積み替え後の青い瓦屋根
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
防災棟 なんばん
築年数
約30年
建坪
4.7m
保証
5年間
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

崩れている棟瓦

こちらが前回紹介しました池田市の雨漏りの現場調査の模様です。棟瓦、壁の取り合い、ケラバ部分が崩れており、あちこちから雨漏りがありました。本日は棟の積み替え工事の模様をご紹介いたします。

既存ウッドデッキ

すっかり春になり、暖かい日差しになってきました。今回の現場は吹田市の屋上から綺麗な桜を眺められる家でした。こんにちは街の屋根やさん吹田店です。元々のお問い合わせは『屋上のウッドデッキを解体して欲しい』という内容でした。ウッドデッキは屋上に設...........

5段熨斗瓦の棟

前回は茨木市の住宅での雨漏り調査を行いました。調査の結果、間違った棟瓦の防水施工をされており、棟瓦をコーキングで埋めており、水の抜け道がなくなり、隅棟からの雨漏りしている事が判明しました。今回は、隅棟を一度取り崩し、防災棟への積み替え工事の...........