吹田市。瓦屋根調査。軽い屋根材で建物の負担を軽減することを検討。


吹田市垂水町で屋根調査をさせて頂きました。

垂水町は弊社事務所から車で5分、歩いてでも行けるとても近い場所で屋根の調査を

させて頂きました。

問合せの内容は奥様から頂き、建物は築30年ほどですが、今後、地震などで重たい屋根材では

建物の負担がかかりすぎるので軽い屋根材の方がいいのか検討されているようでした。

自分達の家を将来的にも守っていきたいという考えがすばらしいなと思いました。

まずは軽い屋根材で考える方も最近では多く、昔の屋根では陶器でできた和瓦が多く使用されていましたが、

最近の新築では和瓦を使用する家も少なくなってきました。

瓦屋根は1㎡で約50㎏、、スレート屋根は1㎡18㎏、金属屋根は1㎡5㎏と言われています。

圧倒的に瓦屋根が重くなり建物にも負担がかかるのが確かです。

しかし軽い屋根がいいとは言え、葺き替えをするべき家なのかどうかの判断はまず調査をしてから

報告させていただき提案させていただくことになりました。

では早速、調査開始です。


瓦屋根調査
屋根調査では必ず屋根の上に上ります。
まず目に飛び込んできたのが、陶器瓦の代名詞と言っても過言ではないいぶし瓦でした。
関西ではかなり多く使用されている屋根瓦の一つです。
表面はやや汚れていますが、瓦自体には何も問題がありません。
本当に立派な瓦です。この瓦を見た時点では古さ一つ感じられませんでした。
瓦屋根調査
瓦が悪くなるというより下地が悪いという家はたくさん見てきました。
土葺き工法では瓦の下地に土を使用します。その土は瓦の高さを調整していますが、瓦の高さが変わってくると瓦と瓦に隙間が出来たり、屋根の上を歩くと瓦がカタっと沈んだりと、また瓦が棟から軒先にかけ真っ直ぐに通っていないなど様々な状態があります。
しかし、ここの屋根には何も全く問題なく下地もしっかりしていました。これは瓦屋根を何百件、何千件と上ってくればその感覚でわかります。正直この時点では屋根の葺き替えはもったいないほどの屋根です。確かに瓦屋根は重いですが、この良い屋根の状態で屋根を軽くするのは少し悩ませられます。
瓦屋根調査
唯一、この屋根で気になったのが、漆喰です。漆喰は屋根の棟まわりに詰められ、棟の下地を保護する陶器瓦ではほとんどが使用されています。この部分は鬼瓦まわりの漆喰が劣化しています。
漆喰が劣化してくると剥がれ、雨水が浸入してしまう原因になります。
瓦屋根調査
他の場所の鬼まわりです。
漆喰がなくなっています。
この隙間から雨水が浸入してしまいます。
雨水が浸入してしまうと、棟が崩れてきたり、歪む原因になります。
最近では鬼まわりにコーキングを施してから漆喰と詰めていきます。
瓦屋根調査
変わって面戸部分の部分の漆喰です。
棟の下にも漆喰は詰められます。
この漆喰も役割は他の漆喰と同じで棟の下地を保護しています。
瓦屋根調査
劣化が激しくなってくると剥がれ落ちて中の土が見えてくることもあります。中の土が見えてくると雨が浸入して土を削り取ってしまい、
棟が崩れてきます。
棟が崩れると瓦と瓦に隙間ができ雨水の浸入がより多くなりさらに
中の土を崩してしまいます。
今回の屋根調査ではいぶし瓦を使用した土葺き工法による瓦屋根でした。

瓦は何も問題ないと言えます。

屋根自体は健康で、今後のメンテナンスを考えると今するべき屋根工事では

漆喰の詰め直し工事が望ましいと思われます。

屋根を軽くする考えもありましたが、瓦屋根の葺き替えは屋根工事の中でもかなり高額になります。

そのことも踏まえ、将来的な計画を立てなければなりません。

現状は屋根が軽くなるメリットがありますが、それだけしか逆にメリットがないことをお伝えしました。

今回の屋根調査では漆喰の詰め直し工事が適正な必要工事だと思われますが、

将来的に葺き替えを考える上では、葺き替えの金額を知っておくことも大事ですので、

屋根の葺き替え工事と漆喰の詰め直し工事の見積もりを次回お持ちし、提案させて頂くことになりました。

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

9b29e141f6e45636bfe48f80d3ed2fc7
弊社にお問い合わせになる前にどんなことで悩んでいましたか?
予算オーバーする事と、きっちりしてもらえるか心配でした。
何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?
娘にネットでしらべてもらいました。
弊社を知りすぐにご連絡頂けましたか?もしお決断されなかったとしたらどんなことがご不安でしたか?
工事が長びいたり、工事中は家を出られないことです。
何が決め手となり弊社にお問い合わせ頂きましたか?
わかりやすく説明していただいて、「なっとく」したからです。
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
どの方も「しんせつ」「ていねい」な「たいおう」でしたので、とても良い「いんしょう」をもっています。

お客様の声完工後

9151c662c19804c43e5cbd1b43b94ba0
Q施工業者を決められる際に前にどんなことで悩んでいましたか?
A予算オーバーする事ときっちりしてもらえるか心配でした。
Q何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?また何故弊社にお問い合わせをしようと思われたのですか?
A娘にネットでしらべてもらいました。
Q弊社への発注をすぐにご決断頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことが不安になりましたか?
A工事が長びいたり、工事中は家を出られないことです。
Q数ある会社の中から、弊社へ工事を発注して頂いた一番の決め手は何でしたか?
Aわかりやすく説明していただいて、「なっとく」したからです。
Q工事が終わってみていかがですか。忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
A大雨がふっても心配しなくてよいので、安心しています。

この工事の現場ブログ

瓦屋根調査

2017/03/28/ 吹田市。瓦屋根調査。軽い屋根材で建物の負担を軽減することを検討。

吹田市垂水町で屋根調査をさせて頂きました。垂水町は弊社事務所から車で5分、歩いてでも行けるとても近い場所で屋根の調査をさせて頂きました。問合せの内容は奥様から頂き、建物は築30年ほどですが、今後、地震などで重たい屋根材では建物の負担がかかり...........

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

冠瓦割れ

大阪市此花区、H様から問合せがありました。問合せの内容はお寺の瓦屋根から瓦が落ちてきたということでした。電話でお話しして理解はできましたが、実際はどのように落ちて、現状瓦がなぜ割れたのか、一刻も早く、現場で調査をさせて頂く必要がありました。...........

IMG_4235

大東市 入母屋形状の屋根の漆喰調査の依頼。インターネットで弊社のホームページをご覧いただいたお客様から、漆喰を調査してほしいとご連絡がありました。お客様宅では16年ほど前にも漆喰の補修を行っており、漆喰の面が通常より前面にせり出してしまって...........