吹田市。マンションの屋根を立平でカバー工事。


吹田市であるマンションの屋根のカバー工事が着工しました。

築40年の建物の既存屋根材はアスファルトシングルでした。

アスファルトシングルとはガラス繊維基材にアスファルトを含侵し、コーティングして

スレート砂や彩色焼成砂を圧着して製造された屋根材です。

どの屋根材にも言えますが、必ず耐久年数というものがあります。

永遠に劣化しない屋根材などありません。

アスファルトシングルは20年程度という屋根材です。

本来なら屋根が劣化してくると新しい屋根材にするには

屋根を葺き替えるという施工法が一般的でしたが、

近年では屋根材によっては屋根カバー工事という工法で施工することが

できます。その施工法がが可能なのがアスファルトシングルです。

その他にもカラーベストなどがあります。

カバー工事では既存屋根の上から軽い屋根材で屋根を造ってしまう。ということです。

今回、ご紹介するのが既存屋根に片面粘着ルーフィング(防水シート)を張って、

屋根材の荷上げからの作業です。

屋根着工2日目です。

マンションでは屋根材を上げるのも大変なので、レッカーで荷上げします。

今回に荷上げにかかった時間は1時間ほどでした。

人の手で上げていくと1時間ではあげることができません。

荷上げ後、いざ屋根材を葺いていきます。

今回、使用するのがJFE鋼板の立平を使用します。

屋根カバー工事
現場は朝9:00からスタートしました。
真冬の朝はもちろん空気も冷たく、大変寒いです。
しかし、マンションの屋根ということもあり、景色は
最高で太陽が眩しく、気持ちのいい朝でした。
屋根カバー工事
レッカーで荷上げ終了後です。
かなりの数です。
棟から軒先までの長さが一枚です。
これは工場で加工して現地に持ってきます。

屋根カバー工事
立平は名前の通り、屋根材を縦に葺いていきます。
昔でいう見た目は瓦棒のようですが、施工法や屋根の材質は全く違います。
屋根カバー工事
立平は平場の屋根を葺くことはそこまで難しく考えずに施工できますが、壁際などど壁面と取り合う場所は考えて施工しまくてはなりません。
また納めという言葉があるように、現場で板金を加工して
施工してその現場にあった納めを施していきます。
屋根カバー工事
立平は既製の形をしていますが、細かい納めなどは平板の板金を現場で加工して造りあげていきます。
この折り曲げなどの加工は職人によって変わってきます。

屋根カバー工事
棟を残して、平場はほぼ完成しています。
工程でいえば
ルーフィング→唐草→平場→壁際→棟といった感じです。
基本的には最後に棟板金を取り付けます。
屋根カバー工事
棟板金には取付前に棟の下地を造ります。
この棟の下地に入れる木材を貫板といいます。
この作業に入ればほぼ作業は竣工に近づいています。
屋根カバー工事
棟板金取付完了です。
屋根が見違えるほど変化しました。
完成です。約1週間ほどの作業終えることができました。

屋根カバー工事
屋根カバー工事では既存屋根に新し屋根を葺いた訳ですが、
屋根がかなり重くなったという質問をよく受けます。
ガルバリウム鋼板は㎡で約5㎏ほどの屋根材です。
カバー工事をしても瓦屋根の半分以下の重さにしかなりません。
屋根カバー工事
取合いの部分です。この場所は各所で見られます。
この現場でいえば、壁の取り合い、ドーマーの取り合い、
アンテナの取り合いなどがあります。
平板を折り曲げ加工して納めていきます。
屋根カバー工事
ドーマーにも取り合いが出ていきます。
立上りには平板が張られ取り合いには雨押え板金を取り付けました。また立上りの天場には平板を折り曲げてケラバ板金とり付けています。
屋根カバー工事
下屋根になる部分には大屋根との壁面の取り合いになります。この部分には雨押え板金を取り付けます。

様々な工程を経て屋根カバー工事が竣工しました。
最後にマンションのオーナー様に立ち合いして頂き、施工に満足して頂けました。

この工事の現場ブログ

4階建てマンション外観

2018/03/28/ 吹田市|マンションアスファルトシングル屋根を立平葺きカバー工法

この度は吹田市の4階建のマンションの施主様よりご連絡をいただきました。マンション屋根の劣化が考えられるため屋根に上がって調査したところ、アスファルトシングルの素材に剥がれや浮き、捲れが広範囲に見られました。特別な力が加わってできた不具合とい...........

既存アスファルトシングルの現状

2018/01/12/ 吹田市のマンション屋上の屋根材劣化に伴う屋根カバー工事の施工

今回は吹田市で台風の強風後、「何枚か屋根材が剥がれて飛散して雨漏りしている」とご相談を受け、現地調査行いました。現地調査の結果「屋根のカバー工事」行なう事になりました。それでは今回、屋根カバー工事の紹介を致します。

屋根カバー工事

2018/01/17/ 吹田市。マンションの屋根を立平でカバー工事。

吹田市であるマンションの屋根のカバー工事が着工しました。築40年の建物の既存屋根材はアスファルトシングルでした。アスファルトシングルとはガラス繊維基材にアスファルトを含侵し、コーティングしてスレート砂や彩色焼成砂を圧着して製造された屋根材で...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

大阪市住之江区のスレート屋根材へのリフォーム工事『カバー工事』のご提案

立平への屋根カバー工事施工前
立平への屋根カバー工事施工完了
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
20年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
65万円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根カバー工事

豊中市で屋根のカバー工事が着工しました。カバー工事は重ね葺きとも呼ばれています。屋根の上にもう一つ屋根を造るということです。本来、屋根材が古くなると葺き替えるという工法が一般的でったのですが、カラーベストなどのスレートには唯一、このカバー工...........

スレート割れ

守口市にお住まいの方から問合せを頂きました。問合せの内容は屋根のスレートが割れているとの内容でした。スレート屋根とは「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれるもので、よく耳にするのはカラーベストではないでしょうか。カラーベストやコロニアルと...........

現地調査の様子

『棟板金が3枚程飛散して、隣の家に落ちていので見に来て下さい!』強風で棟板金が飛散したとの問い合わせで豊中市に向かいました。こんにちは街の屋根やさん大阪吹田店の道明です。棟板金とは何か・・・棟板金とは、一般的に『カラーベストやコロニアル』と...........