淀川区|破風や鼻隠し軒下モルタル壁の劣化。壁が剥がれていました。


屋根の破風、鼻隠しの軒下という部分が劣化し、モルタルが崩れてしまっている淀川区の現場のご紹介です。
「破風」「鼻隠し」とはどこかご存知でしょうか?→ ※屋根の鼻隠しってどこか分かりますか?

屋根には各所名称がありますが、今回は「破風」「鼻隠し」の軒下のモルタル部分が劣化している様子をご覧いただきます。
建物外観
こちらの現場の屋根の形状は「片流れ屋根」とまではいきませんが、切妻の変型のような急な勾配がある屋根でした。

外観を目視でチェック

ご依頼のあったお客様のお宅を外観からチェックしていきます。
こちらの建物は1Fが駐車場、玄関につづく階段のある2F部分、そして3Fからなる角地に建つ現場です。

2Fの玄関横にはベランダがあり、その外側、地上からはしごをかけさせていただき3Fの屋根や軒下を調査します。
建物ベランダ屋根
ベランダ屋根を下から撮ったところです。
建物外壁劣化した配線
外壁に見られた配線のカバーも劣化による割れがありました。
建物現地調査で梯子架け
地上からはしごを架けて一気に3Fの屋根軒下をチェックします。

目視でも分かるほど軒下のモルタルが劣化し剥がれています。

こちらの補修施工法などを過去の事例を挙げ、手順、ビフォーアフターの画像を交えてお客様にご確認いただきました。
建物劣化した破風軒下
建物劣化した破風軒下
モルタルの剥がれ落ちた部分に新しいモルタルを注入し、端は左官仕事で面を綺麗に整えます。
モルタルが剥がれ落ちたままという状態は、芯が空洞化し、当然上からの重みに耐えられずいずれ崩れ落ちる恐れがあるということです。

またモルタルが剥がれていることで中の躯体がさらされている状態になり、そこから雨水が侵入しゆくゆく建物に悪影響を及ぼします。

お家の寿命を高めるため、建物の健康と美観のためにも、定期的なチェックとメンテナンスをお勧めいたしました!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。