オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

池田市 屋根リフォーム!傷んだ屋根をプロが復活させます


※2021年3月16日 記事更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

池田市で屋根のリフォームをお考えですか?

今回のブログでは、弊社が池田市でおこなった屋根の部分リフォームの模様をご紹介します。

リフォームのきっかけは雨漏りトラブルです。

無料事前調査からリフォーム完了後までをじっくりとご確認ください。

池田市 屋根リフォーム【屋根下地・ビフォーアフター】

まずは、弊社が池田市でおこなった屋根リフォームの屋根下地のビフォーアフターをご覧ください!
地域
池田市
築年数
約45年
きっかけ
室内の雨漏り
before1
雨漏り原因となっていた朽ちた屋根下地
雨漏りによって雨水が浸入し、下地が朽ちていました。
vertical
after1
IMG_2336-2-columns1
下地を新素材を採用し復旧後、元々の瓦を再利用する部分的なリフォームを施工しています!

お客様のライフプランやその他ご要望に応じた最適な方法を導きだし、プロの技術でトラブルを解決します。

池田市 屋根リフォーム!傷んだ屋根をプロが復活させます

それでは、弊社が池田市でおこなった屋根リフォームの施工模様をくわしくご紹介します。

屋根のプロフェッショナルたちによる丁寧な施工をお確かめください!

池田市 屋根リフォームstep1「無料調査」

まずは、無料調査で雨漏りの原因を徹底的に調べます。

トラブルを解決するための最適な対処方法を導き出すには徹底的な原因調査が不可欠です。

お客様にご挨拶後、雨漏り箇所である居室内・天井へ案内していただきます。
天井雨漏り雨染み
天井は雨漏りによる浸水でボロボロに朽ち剥がれていました。(上写真)

染みは砂壁にまで達しています。

天井板が黒く変色し破れていることから、「雨水が大量にそして長期にわたって建物に浸入した」ということが分かります。
天井雨漏り雨染み
天井の他箇所にも雨漏りによるシミが散見されました。

雨漏りの原因は実に様々です。

ずさんな建築仕事によるものや、台風・暴風雨などの自然災害などによるもの、経年劣化によるものなどがあります。

天井の雨染みを放置していると、建物の寿命や美観に影響するのはもちろん、常にじめじめと湿った状態が続きます。

高湿状態が持続することで、苔やカビが増殖し、目に見えないカビの胞子による健康被害を引き起こすことも考えられるのです。

散乱した割れた瓦
下屋根に瓦が散乱しています。
散乱した割れた瓦
外壁と屋根との境目の立ち上がり部分を「取り合い」といいます。

この取り合いは、劣化や不具合によって隙間ができやすい箇所です。

隙間から雨水が浸入し、雨漏りの原因となることも十分に考えられます。

実際、今回の現場もこの取り合い部分に相当な劣化がみられました。
漆喰詰め替え工事 下屋根の状態
また熨斗瓦の下の漆喰の剥がれによる瓦のズレも確認されました。
屋根漆喰はがれ
こちらに施工されている漆喰の劣化によって剥がれかけています。
瓦割れ
割れて剥がれてしまった瓦、ヒビが入っている瓦など、目視でもはっきりと分かる「雨漏りの原因」が見られます。
瓦割れ
屋根に上がってすぐに分かるほど瓦が割れていたりヒビが見られたり、取り合い以外でも劣化が見られました。

これは建築の際の不手際というよりかは、築年数が経っている建物なら起こってしまう劣化のようです。

IMG_6756-1-columns2
一部瓦をめくって下地を見てみましたが、支えとなる木材が長年の雨水により朽ちボロボロになっていました。
瓦割れ
こちらの瓦も割れています。

これでは容易に雨水が内部へ入り込み雨漏りへ発展します。

池田市 屋根リフォームstep2「調査の結果」

無料調査の結果を記録したお写真や動画をお見せしながら、お客様へ現状をお伝えします。
・屋根の各所に劣化症状が現われている(壁と屋根の境目、漆喰)

・雨漏りを引き起こしている下屋根の下地は雨水により朽ちている⇒雨漏り解決のためには下地から造り直す必要あり

・下屋根の部分リフォーム(葺き直し)

・大屋根の部分的な補修

雨漏りの原因箇所は、母屋から突き出した一段下の片流れの屋根=下屋根です。

そのため、根本的な雨漏り解決のためには下屋根の修理が必要となります。

母屋の大屋根は全体的に取り換える大工事にまでなることはなさそうですので、部分的な補修とさせていただきます。

これ以上被害を拡大させないためにもなるべく早目に着工し、雨漏りをストップさせなければなりません。

 関連ページ 


池田市 屋根リフォームstep3「既存の瓦をめくる」

現状とご提案内容にご理解とご納得をいただけたら着工となります。
劣化し傷んだ野地板
下屋根の瓦をめくると湿った屋根の下地が現れました。

雨水が浸入し、常に高湿状態が続いているため黒く湿った野地板(のじいた)です。

池田市 屋根リフォームstep4「朽ちた桟木(さんぎ)を撤去」

朽ちた引っかけ瓦桟の撤去
桟木も見るからに腐朽しています。

腐った桟木の撤去作業を進めますが、非常に脆くなっているため、手で容易に外せるところもありました。

池田市 屋根リフォームstep5「清掃」

野地板の掃除
朽ちた桟木を撤去しました。

ほうきと塵取りで綺麗に清掃し、新しい屋根下地を造る準備を進めます。

池田市 屋根リフォームstep6「ルーフィング(防水シート)張り」

瓦の下に敷く防水シート
上写真は、アスファルトルーフィングの「モラサン」です。

名前の通り、雨水を家の中に漏らさず通しません。(漏らさん!)

モラサンは屋根の下葺き材で防水シートのことです。
ルーフィング「モラサン」
ルーフィングとは、雨漏り原因となる雨水が建物内部に浸入しないよう施工される防水シートです。

雨水からお住まいを守っているのは屋根材だけではありません。

ルーフィングが瀬戸際でお住まいを雨水から守ってくれているのです。

 関連ページ 

池田市 屋根リフォームstep7「タフモックを準備」

タフモック プラスチック樹脂製の桟
新しい桟木に交換・設置します。

今回、新しい桟木として採用したのがプラスチック樹脂製の「タフモック」です。

朽ちて使い物にならない古い桟木の代わりに、今回はこちらのプラスチック樹脂製の桟木を使用します。

プラスチック製なので水に強く、木のように朽ちることもありません。耐久性は抜群です。

さらに、土葺きの代わりに瓦をこの桟木に引っかけ取り付けるので屋根の軽量化が図れます。

池田市 屋根リフォームstep8「タフモックの設置」

タフモック プラスチック樹脂製の桟
既存の桟木と繫ぎ合わせるように、新しい樹脂製桟木「タフモック」をビスで打ち込み固定します。

軽量で耐久性にすぐれた新しい桟木が瓦を支えてくれます。

池田市 屋根リフォームstep9「瓦を復旧」

補修後屋根瓦取付
ルーフィングとタフモックで復旧した下地の上に、既存の瓦を戻します。

こちらの瓦屋根は土葺きではなく、桟木に瓦を引っかけて固定する工法で留められていました。

土が屋根にのっていないので、屋根自体の重量は軽いです。

しかし、今回のように雨水が浸入すると、桟木や野地板の木材が朽ちるトラブルが生じます。

現在では、雨水をシャットアウトする強力なルーフィングシートや、水気に強い素材「タフモック」など高性能な建材が登場しているため、雨水浸入リスクを軽減してくれます。

池田市 屋根リフォームstep10「完了」

部分リフォームで屋根の復旧完了
雨漏りが発生し修理が必要になった場合、私たちはその屋根に一番適した工法と建材を選び施工します。

今回は、耐久力・防水性に優れた新素材を使用し部分的にリフォームしました。

長年悩まされていた雨漏りから解放され、今後は快適にお過ごしいただけますね。

弊社では、北摂地域を中心に多くの屋根リフォームをおまかせいただいております!

 関連ページ 

「高槻市 屋根リフォーム!傷んだ屋根をプロが復活させます」はこちら




池田市で屋根リフォームなら「街の屋根やさん吹田店」

街の屋根やさん大阪吹田店・杉本匡志
池田市で屋根リフォームに関することなら私どもにおまかせください!

「屋根が色あせて見た目が悪い‥そろそろリフォームのタイミングかな?」

「屋根リフォームの相談をしたいけれど、一度連絡すると勧誘が続きそうで億劫‥」

「屋根の部位名がわからないし、うまく現状や希望を伝えられるか不安」

屋根リフォームを検討しようと思い立ったとき、まずはおまかせする業者さんを探すことになりますね。

そのようなときに、上記のようなご不安を抱かれるのではないでしょうか?

街の屋根やさん吹田店では、「屋根リフォームの不安ゼロ宣言」を掲げております。

強引な勧誘や相場以上のご提示は一切おこなっておりません!

「相場の何倍ものリフォーム費用を請求された」

「依頼した覚えのない屋根リフォームを勝手にされた」

街の屋根やさん吹田店では、そのようなことは絶対にいたしません!

ご提案書では、どのようなリフォーム工事をおこなうのかを明確に記載させていただきます。

また、屋根リフォーム完了後は屋根がどのように変わったのかをお写真や動画を使用し、お客様にしっかりとご確認いただいております。

お客様から見えない・見えにくい場所である屋根だからこそ、ご期待以上の施工をさせていただきます!

すべてはお客様からの「ありがとう」がいただきたいから。

私どもは、どこよりもお客様から「ありがとう」と言っていただける会社を目指しています。

 関連ページ 

池田市のその他関連ブログ

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事

※2021年1月25日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市北区で屋根の修繕をお考えですか?今回の現場ブログでは、弊社が大阪市北区でおまかせいただいた屋根の修繕事例を大公開します! 関連ページ 「ちょっとした屋根の補修も...........

修理後の瓦屋根

※2020年11月17日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府吹田市で瓦修理をお考えですか?弊社が吹田市でおこなった瓦屋根の修理事例をご紹介します! 関連ページ 「目安が知りたい!屋根工事・屋根修理の料金プラン」はこちら

修繕後の瓦屋根

※2021年1月21日 記事更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府茨木市で屋根修繕業者をお探しですか?今回は、弊社が茨木市でおこなった屋根修繕事例を2件ご紹介いたします! 関連ページ 「ちょっとした屋根の補修も街の屋根やさんに...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41