池田市|下屋根の葺き替え工事前の瓦屋根劣化の様子


池田市の和風建築より雨漏りが発生したとのご連絡を受け、早速我々は現地に伺いました。

お客様のご自宅の和室に通していただくと、その天井は雨漏りによりボロボロの状態になっていました。
天井の木材が黒く変色し、破れ、はがれているその状態から、雨水が大量にそして長期にわたって建物に侵入したことが分かります。染みは砂壁にまで達していました。
天井雨漏り雨染み
天井雨漏り雨染み
雨漏りの原因は様々です。

ずさんな建築仕事によるものや台風・暴風雨などの自然災害などによるもの、そして経年劣化によるもの、などがあります。

天井の雨染みを放置していると、建物の寿命や美観に影響するのはもちろん、常にじめじめと湿った状態が続くことから苔やカビが発生し、ぜんそくなどのアレルギー症状を引き起こすなど健康にも影響が出てくる可能性があるのです。

下屋根の取り合いの様子

散乱した割れた瓦
散乱した割れた瓦
外壁と屋根との境目の立ち上がり部分を「取り合い」といいますが、この取り合いの劣化や不具合による隙間から雨水が侵入し雨漏り発生の原因となることが多いのです。
実際、今回の現場もこの取り合い部分に相当な劣化がみられました。こちらから雨水が侵入し屋根裏や壁を伝って居室に達したかと思われます。
また熨斗瓦の下の漆喰の剥がれや瓦のズレ、割れて剥がれてしまった瓦、ヒビが入っている瓦など、目視でもはっきりと分かる「雨漏りの原因」が見られました。
漆喰詰め替え工事 下屋根の状態
屋根漆喰はがれ
瓦割れ
瓦割れ
屋根に上がってすぐに分かるほど瓦が割れていたりヒビが見られたり、取り合い以外でも劣化が見られました。
これは建築の際の不手際というよりかは、築年数が経っている建物なら起こってしまう劣化のようです。
一部瓦をめくって下地を見てみましたが、支えとなる木材が長年の雨水により朽ちボロボロになっていました。
IMG_6756-1-columns2
瓦割れ
雨漏りの原因となる箇所が母屋から差し出された一段下の片流れの屋根=下屋根だったため、修理もこの下屋根の屋根瓦一部分となりそうです。
母屋の大屋根を全体的に取り換える大工事にまでなることはなさそうですので、早速工事に取り掛かり雨漏りをストップしなければなりません。

次回はこちらの補修の様子をご紹介したいと思います!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

はしご

本日は三島郡島本町より昨年の台風24号でめくれ上がった板金屋根の補修を週末に接近している台風19号までに直してほしいとのご依頼でした。雨が多少振っていましたが屋根に上り調査させて頂きました。

瓦棒屋根補修

吹田市にお住いの方の瓦棒屋根の復旧工事をご紹介します。瓦棒屋根とは昔からある屋根の葺き方の工法でコの字に加工した鉄板を屋根に張り、コの字とコの字との鉄板の間に心木を打ち付け屋根材を留めるという工法です。今回、屋根の復旧工事をすることになった...........

雨染み

本日は真夏ばりの猛暑の中日蔭ゼロの中3時間にわたり屋上の笠木板金のジョイントコーキングをさせて頂きました。果たして雨漏りは止まるのでしょうか!

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41