住吉区|劣化した屋根瓦の部分補修工事の様子です

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

居室に雨漏りが発生していた住吉区の現場より、本日はいよいよ屋根にあがって劣化のある瓦の部分補修工事に入りたいと思います。全体的な瓦総葺き替えではなく、劣化の激しい、雨水侵入経路であると思われる箇所の瓦を部分補修していきました。
部分補修した瓦屋根
瓦屋根の下の劣化した土の撤去
瓦屋根の下の劣化した土の撤去
瓦屋根の下の劣化した土
劣化のひどい瓦をめっくてみましょう。

中の土が経年によるものなのか流されていて詰まっていない状態です。残っている土にはそもそも粘度も無くなり接着剤の役割も果たしていない様です。

一旦この土をはきだして撤去し、下地を見て、そちらから補強施工していきたいと思います。
劣化した瓦をめくって調査補修
しっかり土をよけ、下地が見えてきたところでシーリング剤でジョイント部を補強します。
劣化した瓦をめくって調査補修
補強し終わったら瓦をもとに戻します。
あまりにも劣化の激しい屋根瓦には、鋼板で加工した瓦のカバーのようなものを取り付けることにいたしました。
ピッタリと同じサイズの瓦が無いときなどはこういった方法もあるということです。
取り付けたあとはシーリング剤で隙間をしっかり塞ぎます。
劣化した瓦屋根を金属で一部補修
劣化した瓦屋根を金属で一部補修
大屋根の瓦の部分補修が終わったら、つぎは大棟や熨斗瓦を見ていきます。
大棟の下には数段熨斗瓦が積まれておりましたが、この熨斗瓦にゆがみが見られました。ということは、つなぎとめる漆喰が劣化しているということ。このまま放置していてはますます歪んでいってしまいます。
そこでシーリング剤でジョイント部を全部ふさがない形で部分部分で留めていきました。応急処置ではありますが、取りあえずは瓦が外れてしまったり、雨水が直接屋内に入り込むようなことは防ぐことができました。
熨斗瓦の部分補修
熨斗瓦の部分補修

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

住吉区|ガルバリウム鋼板・屋根カバー工事竣工

カラーベスト
スパーガルテクト
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
18年
建坪
30坪
保証
7年
工事費用
約28万円
施工事例

住吉区|ウレタン防水通気緩衝工法・バルコニー防水工事

IMG_72742
塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
塩ビシート(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約20万円
施工事例

住吉区|サイディング・外壁塗装工事

外壁
外壁塗装
工事内容
その他塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
30年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約110万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

地震で崩れた大棟と熨斗瓦

吹田市の棟の崩れてしまった現場に伺いました。大阪北部の地震により被害を受けた個所として多かったのが、瓦屋根の棟の部分です。現在見て頂く写真はいずれも大棟、下り棟等、棟部分のものが多くなっております。

ee1b41cbcc13e8fbcecd90e83f2d81cb

大阪府北部地震の揺れで屋根の鬼瓦が落下したお宅からです。落ちたのは下り棟の先に設置されていた鬼瓦で、今回の現場で大きな被害があったのはこの部分のみでした。

地震の揺れで大棟の歪み

今回は熨斗瓦が7段もある立派な大棟の現場の様子です。地震の被害が大きくなかったのか、熨斗瓦がバラバラに崩れるような事態にはなっておりませんでした。ただ熨斗瓦の下の漆喰や土が流出しており、大棟自体も少々歪みが生じている状態です。こちらもそのま...........