住吉区|劣化した屋根瓦の部分補修工事の様子です

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

居室に雨漏りが発生していた住吉区の現場より、本日はいよいよ屋根にあがって劣化のある瓦の部分補修工事に入りたいと思います。全体的な瓦総葺き替えではなく、劣化の激しい、雨水侵入経路であると思われる箇所の瓦を部分補修していきました。
部分補修した瓦屋根
瓦屋根の下の劣化した土の撤去
瓦屋根の下の劣化した土の撤去
瓦屋根の下の劣化した土
劣化のひどい瓦をめっくてみましょう。

中の土が経年によるものなのか流されていて詰まっていない状態です。残っている土にはそもそも粘度も無くなり接着剤の役割も果たしていない様です。

一旦この土をはきだして撤去し、下地を見て、そちらから補強施工していきたいと思います。
劣化した瓦をめくって調査補修
しっかり土をよけ、下地が見えてきたところでシーリング剤でジョイント部を補強します。
劣化した瓦をめくって調査補修
補強し終わったら瓦をもとに戻します。
あまりにも劣化の激しい屋根瓦には、鋼板で加工した瓦のカバーのようなものを取り付けることにいたしました。
ピッタリと同じサイズの瓦が無いときなどはこういった方法もあるということです。
取り付けたあとはシーリング剤で隙間をしっかり塞ぎます。
劣化した瓦屋根を金属で一部補修
劣化した瓦屋根を金属で一部補修
大屋根の瓦の部分補修が終わったら、つぎは大棟や熨斗瓦を見ていきます。
大棟の下には数段熨斗瓦が積まれておりましたが、この熨斗瓦にゆがみが見られました。ということは、つなぎとめる漆喰が劣化しているということ。このまま放置していてはますます歪んでいってしまいます。
そこでシーリング剤でジョイント部を全部ふさがない形で部分部分で留めていきました。応急処置ではありますが、取りあえずは瓦が外れてしまったり、雨水が直接屋内に入り込むようなことは防ぐことができました。
熨斗瓦の部分補修
熨斗瓦の部分補修

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

住吉区|ガルバリウム鋼板・屋根カバー工事竣工

カラーベスト
スパーガルテクト
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
18年
建坪
30坪
保証
7年
工事費用
約28万円
施工事例

住吉区|ウレタン防水通気緩衝工法・バルコニー防水工事

IMG_72742
塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
塩ビシート(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約20万円
施工事例

住吉区|サイディング・外壁塗装工事

外壁
外壁塗装
工事内容
その他塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
30年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約110万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風の強風の影響でずれた瓦

茨木市でもこの度の台風の影響は大きく、瓦屋根の建物に甚大な被害をもたらしました。今回調査ご依頼のお電話を頂いた建物の屋根も、強風により瓦が大幅にずれたり割れたり、ごっそりと外れてしまったりした跡が見られました。被害がこれ以上ひどくならないよ...........

台風でバラバラになった瓦屋根

高槻市で台風21号通過後の屋根調査のご依頼をいただきました。広い範囲で瓦の破損や不具合を発見いたしましたので、画像におさめ、お客様に見て頂き説明させていただきました。台風や地震などの災害時に大きく被害を受ける場所が「棟」、そして「ケラバ」や...........

建物外観

こちら関西では本日も雨が降っております。地震や台風後のゆるんだ瓦や外壁、塀などには十分お気をつけください。岸和田市の2階建て和風建築のお宅から台風後の調査と補修依頼のお電話をいただきました。緑色の瓦の建物で、やはり棟の部分(下り棟)に被害影...........