港区。防災棟施工。着工~竣工まで。


港区で防災棟に積み替え工事をした現場の着工~竣工までをご紹介させて頂きます。

防災棟とは別名強化棟とも呼ばれ言葉の通り、頑丈な棟ということです。

一般的に瓦屋根では昔から、棟下地のベースとしては土を盛り、のし瓦を積み上げ

最後に冠瓦を積み、銅線などで結んである棟がほとんどでした。

棟というのは屋根と屋根が交わる一番高い場所に取り付けれた部分のことです。

この棟に積まれている瓦とは屋根のシンボルでもあり鬼瓦やのし瓦を高く積み上げることにより

屋根全体の重厚感を出し、外観的にも見栄えすることが目的とされていました。

お寺などはかなり高く積まれているのをよく見ます。

棟というのは屋根にとってかなり重要な場所であるのし瓦がずれたり、棟全体が曲がったりなど、

そのことにより雨漏りに繋がったというケースも少なくありません。

また、強風や地震などで棟が崩壊することもありました。

そこで、防災棟によりそれらの災害をなくし、強固な棟を造りあげることができます。

その工法の一部をご紹介します。
防災棟
防災棟施工が着工しました。
まず初めは既存棟の解体です。
積まれているのし瓦や冠瓦を捲り撤去します。
それと同時に、葺き土と呼ばれる棟の下地の土も撤去します。これらはすべて廃材します。
防災棟
既存棟解体後。そして清掃後です。
瓦と瓦の取り合い部分までキレイに見えます。
この頂点の部分の瓦と瓦の隙間はできるだけない方がいいと言えます。
しかし、この棟を捲ってみないとわからないことなのですが
この隙間が大きく開いていることがあります。
これらの瓦があればこの際にすべて差替えます。
防災棟
ここから防災棟の下地を造ります。
防災金具をいう部材を棟木に打ち付け固定させます。
その後、垂木(寸5)を金具に取り付けます。

防災棟
防災金具、垂木取付完了です。

防災棟
なんばんを詰めていきます。
なんばんとは油が混入された耐水性を増した漆喰で、
原料は粘土や石灰、樹脂を混ぜたものです。
防災棟
棟全体にこのなんばんを詰めていきます。
防災棟
その後、防災瓦を取り付けます。
一般的な冠瓦よりも大きく、上から打ち込み下地の木に
固定させます。
防災棟
防災棟施工完了です。
かなり丈夫で棟が崩れるということはこれでもうありません。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟積み替え工事

本日、鶴見区にあるとあるアパートの現場調査に行きました。問合せの内容は2階建てアパートの2階部分の雨漏り。雨漏り2階部分の屋根の広範囲に渡り及んでいるそうです。屋根は瓦屋根で至る部屋から雨漏りしているとのことですので、原因は屋根にありそうで...........

茨木市 棟の捲り

茨木市 4段熨斗積みの棟を強力棟で積み替えます。こんにちは!街の屋根やさん松本和也です。本日は、棟の積み替えをしたいというお住まいでの工事の様子をブログにてご紹介いたします!現状、4段熨斗積みの冠瓦で収められている旨で、とても立派な仕様にな...........

崩れている棟瓦

こちらが前回紹介しました池田市の雨漏りの現場調査の模様です。棟瓦、壁の取り合い、ケラバ部分が崩れており、あちこちから雨漏りがありました。本日は棟の積み替え工事の模様をご紹介いたします。