東淀川区。押入天袋収納から雨漏りが発生して現場調査。

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

東淀川区にお住まいになっているお客様の雨漏り調査に行きました。
今年も雨季の季節で一番多い問合せが雨漏りです。
雨漏りは当たり前ですが雨が降らないと雨漏りはしません。

雨は季節関係なく降りますが、継続的に雨が降った事により雨漏りしてしまったという
こともあります。厳密に言うと、雨が屋根裏では浸入していたのですが、部屋内にまでは至って
なかったので気づかなかったということもあります。

これからの季節、豪雨や雨天がほぼ毎日、という日が続くこともあり雨漏りしてしまう
家も多くなくのがこの時期です。

今回の雨漏りは押入から雨漏りで2階部分ということもあり普段は気付きにくい場所から
発生してしまいました。
お客様もいつから漏っていたのかわからない状態でした。

押入天井のベニヤがかなり水を吸った跡がありますし、お客様自身でバケツで雨を受けている
状態でしたので、かなりの雨量が浸入してしまっていると判断できました。

早速、屋根の上に上り調査しました。
雨漏り押入
ご挨拶させて頂き、早速、雨漏りしている場所に案内して頂きました。
雨漏りしている箇所は現状では2階部分の居室の押入の
天袋収納です。
雨漏り押入
屋根裏にバケツで受けるくらい雨が浸入している様子です。
毎回の雨では漏らないようですが、
雨により漏ってしまう日があるようです。

雨漏り瓦屋根
屋根は瓦葺き屋根です。工法は土葺き工法です。
この隅棟の真ん中よりやや右下付近の下が丁度、
雨漏りしている押入になります。
雨漏り瓦屋根
この下が押入付近になります。
一見、普通の屋根のように見えますが、では
どこから雨漏りしていると考えられるでしょうか。


雨漏り瓦屋根
この隅棟から浸入している可能性がかなり高いと判断できます。隅棟は2段のし瓦、に冠瓦。
こののし積みまず2段ということは雨が入りやすい棟ということが言えます。のし瓦は一枚、一枚を積む上で隙間がもちろんできます。
雨漏り瓦屋根
この隙間は通常であれば漏ることはないのですが、勾配が取れてなければ内側に雨が浸入することがあります。
瓦は軒先から棟(下から上に)向かって葺いていくのですが
棟にかかる最後の瓦はおいあてと言って半端の大きさの瓦になります。この棟にかかる瓦の隙間はできるだけ狭い方が良いのですが、隙間が開いていると雨水が浸入する確率が高くなってしまいます。
雨漏り瓦屋根
ここは雨漏りしてしていないのですが、瓦屋根は様々な瓦の部材によって屋根が葺かれてます。
瓦と瓦がぶつかる場所は継ぎ目になりますので、この部分には漆喰などを付けて棟の継ぎ目を保護します。
雨漏り瓦屋根
この屋根は本棟があり、本棟から隅棟が2本積まれているという屋根形状です。
日本瓦は陶器でできていますので、50年程は耐久性があると言われています。
しかし、継ぎ目や面戸に使用されている漆喰は必ずメンテナンスする必要があります。継ぎ目の漆喰が剥がれてくると杉目の隙間から雨水が浸入してしまいます。
今回の雨漏りは棟からの雨水の浸入の可能性が高いと判断させて頂きました。
雨漏りを止める工事として、棟の積み替え工事を提案させて頂きました。

この工事の現場ブログ

雨漏り押入

2018/06/15/ 東淀川区。押入天袋収納から雨漏りが発生して現場調査。

東淀川区にお住まいになっているお客様の雨漏り調査に行きました。今年も雨季の季節で一番多い問合せが雨漏りです。雨漏りは当たり前ですが雨が降らないと雨漏りはしません。雨は季節関係なく降りますが、継続的に雨が降った事により雨漏りしてしまったという...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市都島区の棟板金交換|飛散した棟板金を交換工事しました。

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバニウム鋼板)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円
施工事例

北区。笠木板金工事の施工事例ご紹介します。

笠木板金工事前
笠木カバー工事
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
27年
建坪
30坪
保証
3年
工事費用
約5万円
施工事例

東住吉区|スレート屋根の割れ補修・棟板金交換工事

板金交換
棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板の棟板金
築年数
17年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

東淀川区屋上防水工事!機械的固定工法

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

東淀川区の強風で飛び散った棟瓦を『棟積み替え工事』で修理します。

崩れ始めている熨斗瓦
強化棟(防災棟)の施工完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟(下地なんばん)
築年数
築30年
建坪
約9m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約35万円
施工事例

東淀川区|雨漏りの発生。屋上の塩ビシート防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ2.0(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_0113-1

屋根と屋根の面が合わさる頂点部分を『棟(むね)』と呼び、頂上にあるものを『大棟』、その端から四隅へ対角線上に伸びているものを『隅棟』と呼びます。棟は屋根の頂上部分(大棟)や四隅(隅棟)にあるため、風の影響を受けやすく、強風の被害に遭いやすい...........

棟板金捲れ

豊能郡にお住まいの方から問合せを頂きました。内容は去年の強風でにより、棟板金が捲れてしまったとのことです。なぜ今頃に?というところでしたが、確かに去年の10月22日に台風による屋根の被害がかなりあり、強風の問合せだけでも200件程頂きました...........

白いケイバンで現地到着

今年の春一番は例年以上に風が強く吹き荒れました。みなさんの屋根は大丈夫でしょうか?深夜4時くらいに、今日は一段と風が強いな~と不安に思っていると朝から携帯の電話の呼び鈴が・・・「屋根から板金が飛んだ!」ということでハシゴを積んだ車で現場へ急...........