台風によるポリカーボネートの屋根のめくれ。複数の現場の現地調査の様子です

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

今回は複数の現場の事例から、台風の被害を受けたポリカーボネート製の屋根の様子をご覧いただきたいと思います。
ポリカ製の屋根はベランダやカーポートに使用されることが多いのですが、今回見ていただくものもベランダ、カーポートの被災状況の一部となります。
ポリカーボネート屋根が台風で外れ

軽いポリカ製の屋根は災害時には被害を受けやすい

台風などの強風の影響が強く出るのは建物の屋根ばかりではありません。
ベランダの屋根、そしてカーポートの屋根などもメンテナンスの状態によっては大きな被害になってしまう場合もあります。
金属屋根なども使用することが多い箇所ですが、今回見ていただくのは太陽光が通過し採光性が高く洗濯物を干したりするには最適なポリカーボネート製の屋根をご覧いただきたいと思います。
ポリカーボネート屋根が台風で外れ
ポリカーボネート屋根が台風で外れ
ポリカ製の屋根は強風・強い雨などにはメンテナンスの状態により大きく被害が出てしまうことがあります。
メンテナンスの状態、とは、例えば板を留めている釘のゆるみや釘自体の劣化いつの間にかできてしまったヒビや割れそして時間によるそもそものポリカーボネート自体の劣化などの状態によるものを指します。
IMG_4997-1-columns2-overlay
ポリカーボネート屋根が台風で外れ
ポリカーボネート屋根が台風で外れ
そしてポリカーボネート自体には劣化などの問題がなかったとしても、強風により飛んできた「飛来物」の衝突による破れや穴あきなどの問題もあります。

少々の衝撃には強いと言われるポリカーボネートですが、重い瓦や金属片など、何が飛んでくるか分からない状況ではこればかりはなすすべもありません。

またビスで留めるタイプのものでなく枠に差し込むような形での施工のものもあり、それらは更に強風の影響を受けやすいとも言えます。
ポリカーボネート屋根が台風で外れ
ポリカーボネート屋根が台風で外れ
またポリカーボネートは軽い素材ですので、十分なビス留め、定期的なメンテナンスを行っていたとしても、強力な台風や暴風雨などの災害時にはどのようなアクシデントがあるかも分からないものなのです。
大きな台風などが来る前には、なるべく物のない状態にするなど事前にポリカ製の屋根の付近のものを撤去し、次の事故につながらないようにすることも大事だと言えます。

もしもご自宅のポリカ製の屋根に不備不具合がある、もしくは心配なので調査してほしいなどのご要望がございましたら、ぜひお気軽に弊社「街の屋根やさん大阪吹田店」にご連絡ください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熨斗瓦と大棟のゆがみをチェック

■下り棟の瓦が台風で倒壊。中の土が見えています台風や地震などの災害時、瓦屋根で被害が大きく出るのは棟、ケラバ、軒先など屋根の端や先端部分です。現地調査でもこれらの個所を詳細に見させていただきました。

めくれたスレート板金部分に応急処置の防水シート

■スレート屋根の大棟板金が台風の強風により吹き飛んでしまいました。この度は寝屋川市のスレート屋根の現場からです。台風21号は関西圏に大きな被害をもたらした台風でしたが、屋根への影響は最も大きく、その中でも瓦屋根の被害は特に沢山の調査依頼をい...........

めくれた棟板金

吹田市にある製品加工・組立の製造工場の金属屋根が破損しているとのご連絡を受け、さっそく現場に伺いました。弊社からほど近い現場で、即伺わせてもらい屋根の調査を開始いたします!