オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

摂津市 棟板金交換工事!台風被害に遭いやすい屋根の棟板金とは


IMG_0443
※2020年11月6日更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

今回は摂津市にて台風で飛んでしまった棟板金の交換工事をおこないました様子をご紹介いたします。

摂津市にて棟板金が無残に飛んでる状態でしたので、新しい板金を使い棟板金の受け木の貫板という下地も新しく交換して取り付けていく様子です。

台風や強風が発生しますと、台風対策としてお住まいの補修や屋根工事依頼のお問い合わせが増え、また通過後は屋根やベランダなどの被害によるお問い合わせが重なります。

台風が通過した後に多くのお問い合わせをいただく屋根工事が、棟板金交換工事です。

 関連ページ 

台風や強風被害に遭いやすい屋根の棟板金とは?

2573c8a7e5ebbbfc1c84abbf6a511517-1
棟板金とは、主にスレート(カラー ベスト・コロニアル)系の屋根面が山状に合わさっている棟(むね)と呼ばれる部分を留めている金属部分のことを指します。

棟を覆って雨水の浸入を防ぎ、なおかつ屋根材を固定している金属が棟板金です。

この棟板金は、屋 根の上という確認しづらい場所にあるため、浮き上がって捲れてしまったり、飛んでいってしまっても気付かないことも多く、いつの間にか雨漏りしていたなんてこともあります。


棟板金交換工事とは?

台風や強風などの災害が発生したあとは、

「棟板金が落ちてきた」
「棟板金が飛んでいってしまった」
「棟板金がめくれてしまった」
「棟板金は残ってるが、変形して隙間が出来ている」

といったような屋根被害のお問い合わせが多く寄せられます。

棟板金が強風被害に遭う原因のほとんどは、棟板金の下地である貫板とよばれる木材がそもそも経年劣化して傷んでいたり腐食しているためです。

貫板が腐食すると、どうしても棟板金を留めているクギやビスの固定力が弱まり、風の力に負けて動いてしまいます。

棟板金がズレて少しでも隙間が出来てしまうと、台風だけでなくその後の雨漏り被害にも発展します。

災害後に棟板金の異常に気づいたら早めに、出来ればいざという時慌てないためにも定期的な屋根点検を心掛けておくと安心です。

 関連ページ 


摂津市にて棟板金交換工事① 棟板金の加工

IMG_0455-1
棟板金材を現場で加工していきます。

板金はさみで切ったり、折り曲げたりしてお住まいの屋根の形にピッタリ合わせて加工していく作業となります。



IMG_0456
棟板金のカットが完了いたしました。

台風では、このように棟板金飛散の被害を受けているお住まいがとても多く、板金専門の職人があちこちに出動してこのような作業をおこないます。

摂津市にて棟板金交換工事② 棟板金の固定

IMG_0448
まず最初に屋根の棟の端である巴部分に棟板金を取り付けていきます。

この棟板金材はスクリュー釘で留めつけてあることが多いため、釘が緩んでくると強風時に棟板金が飛びやすくなります。

そのため、新しく施工するときはビスで固定していき、少しでも強く直していきます。
IMG_0451-1
棟板金材は、規格で1本1820(およそ1.8m)の長さです。

屋根の長さはお住まいによって違いますので、棟に取り付ける際は棟板金同士の継ぎ目がどうしても出来てしまいます。

そのため、継ぎ目から雨水が入り込まないようにシリコン材を挟み込み、棟板金の中で水が通る道を塞ぎます。

これを捨てシール打ちといいます。
IMG_0465
棟板金材をどんどん取り付けていきます。

計6m分です。

棟板金は厚み0.35mmのガルバリウム鋼板製ですので、さびくくこれからも屋根をしっかりと守ってくれることでしょう。

 関連ページ 

摂津市にて棟板金交換工事完了

IMG_0461-1
摂津市にておこないました棟板金交換工事の完了です!

強風被害後に早めに点検・棟板金交換の着工が出来てよかったです。

ご依頼いただきましたお客様もご満足いただけて、私どもも嬉しいかぎりです!

 関連ブログ 


b1330e09b4bce5ba403d12e4d06e9971
今回のブログでご紹介したとおり、屋根の中でも最も台風や強風の影響を受けやすいのが棟板金です。

その耐用年数(寿命)は材質や土地環境にもよりますが、およそ10年~15年ほどです。

棟板金の剥がれや捲れ(めくれ)などの異常をそのまま放置した場合、雨漏りなどの二次被害へと繋がっていきます。

雨漏りが発生してからの屋根工事となると、被害は屋根下地や屋根裏、天井にまで及んでいることが多く、棟板金交換工事だけでは済まなくなります。

そのためにも、棟板金の定期的な点検とメンテナンスはお住まい全体にとっても大切なことです。

お住まいの築後10年~15年の時期は、棟板金のメンテナンスとして点検やその下地材である貫板の交換を検討してみましょう。

「街の屋根やさん大阪吹田店」では、点検時・施工前・施工中・施工後も安心してお過ごしいただけるよう5つの取り組みを行っています。

大阪市淀川区で屋根に関するトラブル(棟板金の飛散・雨漏り・経年劣化など)にお悩みでしたら、ぜひ私ども「街の屋根屋さん大阪吹田店」の無料点検&お見積りをお気軽にご利用ください。

私どもは、お客様に「ありがとう」と言っていただける会社であることを何よりも一番に目指していますので、強引な勧誘や不要な工事は一切行いません。

分からないことやご不安なことがございましたら何でもお気軽にご相談くださいね。

 関連ページ 



この工事の現場ブログ

棟下地の完成

2019/01/17/ 摂津市 棟板金交換工事!台風被害に遭いやすい屋根の棟板金とは

※2020年11月6日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回は摂津市にて台風で飛んでしまった棟板金の交換工事をおこないました様子をご紹介いたします。摂津市にて棟板金が無残に飛んでる状態でしたので、新しい板金を使い棟板金の受け木の...........

棟板金の飛散

2019/01/10/ 摂津市 台風による棟包み板金の飛散を修理致します。

摂津市 台風による棟包み板金の飛散を修理する様子を本日の現場ブログでご紹介いたします。棟包み板金、または棟板金とよばれ、施工の時代により板金の厚みが変わります。昔の棟板金の為現代のものより柔らかく、またトタン材で作られていましたので、台風の...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市 棟板金交換工事!飛散した棟板金を修理いたします

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板製)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円
施工事例

北区。笠木板金工事の施工事例ご紹介します。

笠木板金工事前
笠木カバー工事
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
27年
建坪
30坪
保証
3年
工事費用
約5万円
施工事例

東住吉区|スレート屋根の割れ補修・棟板金交換工事

板金交換
棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板の棟板金
築年数
17年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

摂津市 防水工事!ベランダの防水リフォームをおこないます

ベランダウレタン防水工事前
ベランダウレタン防水工事完了
工事内容
雨樋交換
防水工事
使用素材
通気緩衝シート、HCエコプルーフ
築年数
約30年
建坪
6.8㎡
保証
5年間
工事費用
約16万円
施工事例

摂津市|チョーキング現象・塗膜剥がれ・外壁塗装工事

外壁塗装前
外壁塗装
工事内容
その他塗装
使用素材
SK化研 セラミシリコン
築年数
20年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約35万円
施工事例

摂津市 屋根カバー工事!古いスレート屋根をガルテクトへ

スレート屋根
ガルテクト
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 ガルテクト(ガルバリウム鋼板)
築年数
約20年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金

枚方市にお住いの方からお問い合わせを頂き、強風により棟板金の一部が飛散してしまい、棟板金の交換を施工することになりました。合わせてトップライト2箇所をカバー工事により塞いでしまうという工事も施工いたしました。トップライトは新築時に部屋が明る...........

玄関壁雨染み

本日は以前からお世話になっています、吹田市のお客様の谷板金工事の模様をご紹介させて頂きます。

ガルバリウム鋼板屋根飛散

本日は築年数が10年未満と新しいお宅の風災被害の模様をご紹介させて頂きます。お客様からお電話を頂いた際に被害状況をヒアリングさせて頂いている際になぜ???築年数が6年くらいの板金屋根が・・・早速3階建ての屋根に上らせて頂き調査を開始しました...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41