吹田市より漆喰詰直し工事を御紹介します。


施主様より「屋根から瓦の破片が落ちてきて土らしきものも一緒に落ちてきます。」
と問合せがあり、これから雨の季節なので急いで工事は可能かどうかも考慮して欲しいとの事でした。
調査開始すると築45年の釉薬瓦で桟瓦・袖瓦・軒瓦は全く問題なく割れ・欠け・ズレも生じていませんでした。
落ちてきた破片を診たところ漆喰であることが判りました。


漆喰詰直し
手前に見えているものが熨斗瓦を積むための葺き土を留めるための漆喰破片です。漆喰とは消石灰(水酸化カルシウム)に糊やスサを加えて水で練ったものです。消石灰とは石灰石を焼いて加水したものです。糊やスサは繊維質のものが多く使用され”つなぎ”の役割をしています。
漆喰詰直し
熨斗瓦と桟瓦の取合い葺き土が流失しないよう面土漆喰を行います。この部分は横からの雨吹き込みを防ぐのが主な目的です。よって真上から(冠瓦→熨斗瓦)流れてきた雨水が入り込まないよう、なるべく奥まった部分に漆喰を塗り込みます。
写真のように漆喰が完全剥離してしまい葺き土が見えている状態は、水の侵入を容易にして葺き土が砂状になり流失しやすくなります。葺き土が流失し過ぎてしまうと棟部分の崩壊に繋がるのです。
漆喰詰直し
こちらは鬼瓦を留めている部分の漆喰です。こちらも中の葺き土が見えています。よくこの部分から草が生えていたりするのを見かけます。そうなると棟部分から桟瓦までの葺き土は繋がっているので、草の根が桟瓦部分まで達して水の通り径となり、瓦全体のズレや崩れになっていきます。
漆喰詰直し
こちらの写真は漆喰の厚塗りが原因で排水不良を起こしています。施工がしっかり出来ない業者は漆喰が厚い方が良いと勘違いしている人もいるようです。漆喰は2段目熨斗瓦の先端位置が面になるよう施工します。それを無視すると熨斗瓦2段目より上
からの雨水を排水出来ず屋根部分全体に周ってしまい、雨漏りの原因の一つとなってしまいます。
漆喰詰直し
面土漆喰の寿命はどのくらい?よく問合せがあります。もちろん即答は出来ません。屋根の方角や建物の位置等で大きく変わってくるからです。厳しい条件で15年くらいだとおもわれます。
漆喰詰直し
このように黒ずんできてポロポロ剥離していく状況になりましたらメンテナンス時期と考えてよろしいでしょう。
直ぐに「街の屋根やさん吹田店」にお問合せください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-5

台風被害に便乗した詐欺にご注意を

雨染み箇所

本日は西成区の雨漏り調査にお邪魔しました。千葉県の屋根被害も尋常ではありませんが、大阪も昨年の台風被害がまだたくさん残っています。我々屋根屋としましては心苦しいばかりですが1日でも早く復興できるよう頑張ります!!本題に入りますが修理したのに...........

雨漏れ大屋根

2019年9月に千葉県を襲った台風15号。甚大な被害が連日報道されています。多くの屋根が飛散し、ブルーシート養生を行っている様子がマスコミで連日報道されています。あれだけの被害ですから、当然屋根業者の手配も追い付かず、ブルーシートでの養生を...........