オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

摂津市 屋根修繕 軽微な屋根修理もプロにおまかせください!


※2021年1月22日 記事更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

摂津市で屋根修繕をお考えですか?

今回の現場ブログでは、弊社が摂津市でおまかせいただいた「屋根修繕事例」と「修繕前の無料調査の模様」を徹底レポートします!

プロが無料調査でトラブル原因を見極め、最適な修繕プランをご提案・施工いたします!

 関連ページ 

摂津市 屋根修繕【ビフォーアフター】

それでは、弊社が摂津市でおこなった屋根修繕のビフォーアフターからご覧ください。
before1
修繕前の崩れた屋根
修繕前の屋根は台風により崩れていました。

屋根の頂上にあたる棟(むね)に設置された瓦が崩れ、内部の下地である葺き土(ふきど)が見えています。

このままでは屋根材落下の危険だけではなく、雨漏りに発展する可能性が高いです。

早目の修繕が望まれます。
vertical
after1
屋根修繕で防災棟になった屋根
台風により被害を受けていた屋根の修繕作業が完了です!

崩れていた屋根が綺麗に整っています。

また、「強化棟(防災棟)」という仕様へ変更したことで、以前よりも災害に強く雨漏りしにくい屋根へ生まれ変わりました!

 関連ページ 


摂津市 屋根修繕で災害に負けない強い屋根へ復活させます!

それでは、弊社が摂津市でおまかせいただいた屋根修繕の施工模様をくわしくご紹介します。
地域
摂津市
築年数
約30年
修繕のきっかけ
台風被害(屋根材の落下)
修繕方法
棟の積み替え(防災棟へ仕様変更)
修繕にかかった日数
2日

摂津市 屋根修繕step1「葺き土(ふきど)の撤去」

こちらのご邸宅の屋根修繕のきっかけは、台風による屋根被害です。

強風によって崩れた棟をプロの修繕で復活させます!
崩れた棟の葺き土を撤去中
まずは、今回の屋根修繕で不要となる古い下地材を除去します。

こちらの棟に使用されているのは、昔ながらの「葺き土」でした。

葺き土は経年劣化により、粘土質からサラサラな状態に変わります。

葺き土の劣化は、「瓦の固定力低下」「瓦のズレや落下」を招きます。

また、葺き土自体が風雨により流出することで、棟全体の歪みを促進させ、雨漏りへつながることも。

下地からしっかりとメンテナンスするため、古くなった葺き土は可能な限り取り除きます。

摂津市 屋根修繕step2「防災棟金具を設置」

防災棟金具を取りつけたところ
今回の修繕では、昔ながらの高さのある棟ではなく「防災棟」へ仕様変更し積み直します。

防災棟は固定力の高い建材を使用した、災害に負けない丈夫な棟です。
これまでの棟は、「葺き土⇒熨斗瓦(のしがわら)を3段⇒冠瓦」でした。

新しく形成する防災瓦は、「防災棟金具⇒垂木⇒なんばん漆喰⇒丸瓦⇒パッキン付きビス」で形成します。

防災棟は屋根下地に直接棟を固定するため、以前よりも格段に耐風性が向上します。

また、熨斗瓦を使用しないため屋根材の軽量化が可能で、耐震性の向上も望めるのです。
  今までの棟 新しい棟(防災棟)
下地材 葺き土 なんばん漆喰(しっくい)
固定のための建材 銅線 防災棟金具、垂木、ビス
熨斗瓦 使う(重い) 使わない(軽い)

摂津市 屋根修繕step3「高さ調節、おいあて調整」

水糸を張り、おいあて瓦で隙間を埋めているところ
水平に棟を形成するため水糸を張り高さを調節します。

真っすぐに棟が通るように施工するのが大切です。

また、屋根頂上の隙間がなるべく狭くなるよう、おいあて瓦で丁寧に調整しています。

お客様からはもちろん、棟の内部はまったく見れません。

しかし、雨水浸入の可能性をゼロに近づけるためには、見えない部分の施工が特に重要です。

少しでも長く、安心してお過ごしいただけるよう、心を込めて施工させていただきます。

摂津市 屋根修繕step4「垂木(たるき)の設置」

防災棟を新設中
防災棟金具に垂木とよばれる下地となる木材をステンレスビスで固定します。(600ピッチ)

垂木はプロが見極めた最良の物をこだわって使用しています。

実は、木材によっては癖があり、中には湾曲しているものも見られます。

そのため、真っすぐな材料をしっかりと選定する必要があるのです。

屋根のプロが見極めた最良の建材を使用し、長く安心してお過ごしいただける屋根を造りあげていきます。

直接、お客様から見えない部分に使用する材料にも徹底的にこだわっています!

摂津市 屋根修繕step5「なんばん漆喰(しっくい)を施工」

なんばん漆喰を施工し防災棟の下地を形成中
垂木の周りには「なんばん漆喰」をぎっしり施工します。

なんばん漆喰が棟と瓦の隙間を埋め、雨水の浸入口となる隙間を塞いでくれます。

葺き土に比べ、崩れにくいのがなんばん漆喰です。

なんばん漆喰を採用することで、以前よりも防水性・耐久性を高められます。
なんばん漆喰とは、漆喰に油脂・樹脂・粘土などを混入させた建材です。

通常の漆喰に比べて、なんばん漆喰は「耐水性」「耐久性」が高いという特長があります。

 関連コラム 

摂津市 屋根修繕step6「丸瓦を固定」

冠瓦(丸瓦)をビスで留めつける
先程の垂木に、丸瓦をパッキン付きビスで留めつけます。

防災棟で使用する瓦は一般的な瓦よりも大きく、上から下地の垂木に向けて強力に留めつけしっかり固定させます。

固定に使用するのは、パッキン付きのビスです。

摂津市 屋根修繕step7「完了」

施工したての防災棟
これで今回の屋根修繕作業が完了です。

屋根の崩れを修繕し、さらに防水棟へ仕様変更することで、以前よりも強い棟になっています。

防災棟はかなり丈夫で、棟が崩れる心配は殆どいりません。
before1
修繕前の歪んだ屋根の棟
修繕前の棟は瓦がずれて大きく歪んでいました。

重い瓦は落下すると人を傷つける可能性もあり危険です。

また、ずれた瓦により生じた隙間から雨水が浸入し、雨漏りに発展することも。
vertical
after1
屋根修繕で防災棟に生まれ変わった屋根
屋根修繕後は、被害を受ける前よりも強風に強い棟となりました!

「ただ元通りに直す」だけが修繕ではありません。

お客様にもご満足いただけました。

何より、雨漏りや大きな屋根の崩れに発展する前に修繕できて本当によかったです。

摂津市 屋根修繕前の無料調査の模様を徹底レポートします!

次に、同じく摂津市で実施した無料お住まい調査をご紹介します。

「必要となる修繕方法」と「修繕にかかる費用」をご提案させていただきます。
地域
摂津市
きっかけ
ご近所様から屋根材が落下していると教えてもらった
ご希望
可能であれば部分的な修繕
トラブル原因
銅線の劣化による屋根材のズレ、飛散
修繕プラン
棟積み替えor簡易補修
「お宅の屋根の瓦、飛散しているみたいよ。」

お隣さんからのこのような声掛けで、「初めて屋根の不具合に気づいた」という、摂津市のお客様。

屋根に必要な修繕方法と修繕費用を知りたいという「無料お住まい点検」のご依頼です。

さっそく、「街の屋根やさん大阪吹田店」が摂津市へ駆けつけます!

摂津市 屋根修繕前の無料点検①「ずれた瓦」

お客様は、大規模な修繕工事になるのではと非常に心配そうなご様子です。

できれば、「部分的な屋根修繕で復旧できれば」とお考えでした。

お問い合わせをいただいた翌日に摂津市へ伺い、お客様お立ち会いのもと、無料お住まい調査をいたします。
棟瓦飛散
現場調査では必ず屋根に上り、実際の現状を目で確認して写真で記録しお客様に現状をご説明させていただききます。

こちらは屋根の一番高い位置にある「本棟(ほんむね)」です。(上写真)

頂上に設置された瓦がガタガタとズレているのがお分かりいただけますか?

すでに瓦が落下し無くなっている箇所も見られます。

摂津市 屋根修繕前の無料点検②「露出した葺き土」

棟瓦飛散
調べたところ、冠瓦が2枚ほど飛散してなくなっていました。

棟の下地である葺き土が丸見えです。

これでは容易に屋根内部へ雨水が浸入してしまいます。

棟瓦は葺き土を用いて、積み上げられています。

葺き土が固まることで、冠瓦の下に積まれる熨斗(のし)瓦が固定されるのです。
棟瓦飛散
積み上げた棟瓦(熨斗瓦と冠瓦)を固定させるため、昔は「銅線」を各冠瓦に巻き付けていました。

銅線が切れて棟瓦が不安定になると、今回のご邸宅のように冠瓦がずれて飛散する可能性が高くなります。

実際、冠瓦がズレている箇所はすべて「銅線が切れているか緩んでいる状態」でした。

摂津市 屋根修繕前の無料点検③「冠瓦(かんむりかわら)が2枚ほど飛散」

棟瓦飛散
銅線が切れてしまうと、冠瓦が固定できず、

「ただ熨斗瓦の上に冠瓦が乗っているだけの状態」

となります。

これでは非常に不安定で危険です。

摂津市 屋根修繕前の無料点検④「飛散し割れた冠瓦を発見」

棟瓦飛散
棟瓦として屋根頂上に設置されているはずの冠瓦が、屋根の軒先付近に散乱しています。
棟瓦飛散
よく見ると瓦は割れていました。

この瓦が風で地上に落下すると、人を傷つける恐れもあり危険です。

摂津市 屋根修繕前の無料点検⑤「結果」

無料点検の結果、「冠瓦の飛散(2枚ほど)」「棟の部分的な歪み」が確認されました。

しかし、全体的に棟はまっすぐと通っており、熨斗瓦がズレているということはありません。

ただ、このまま放置してしまうと状態が悪くなる一方です。
・銅線の切れ、緩みにより冠瓦が飛散

冠瓦のなくなった棟部は葺き土が剥き出しとなっています。

葺き土に雨水が浸入すると、「棟の崩れ」「雨漏り」を引き起こす可能性が高いです。

一刻も早く屋根修繕工事をする必要があります。

今回の無料点検の結果、弊社がご提案した屋根修繕方法は2パターンです。

・棟の積み替え工事で棟を全く違う工法で積み替える

コストはかかりますが、棟を完璧に固定させることができます。

「強化棟」や「防災棟」とも呼ばれる工法です。

飛散した冠瓦の復旧だけでは、切れてしまっている銅線を復旧させることはできません。

なぜなら、銅線は熨斗瓦に挟み込んで施工されているからです。

銅線を巻くには一度棟を解体させなければなりません。

そうなれば、「棟積み直し」という比較的大きな工事となります。

・コーキングを使用した「ラバーロック」という方法で冠瓦を復旧

こちらはあくまで簡易的な屋根修繕方法です。

完全な屋根修繕とは言えませんが、コストを抑えた修繕方法といえます。

摂津市 屋根修繕前の無料点検⑥「お客様のご選択」

お客様との話し合いを重ねた結果、今回の屋根修繕は「簡易的な屋根修繕」をおまかせいただくこととなりました。

最適な修繕方法をご提案しつつ、お客様のご予算に合わせて、必要最低限の修繕方法もご提案するのが「街の屋根やさん大阪吹田店」です。

もちろん、最終的なご判断はお客様におまかせいただいております。

不要な修繕や相場以上の修繕費用を提示する…といったことは、弊社では一切おこなっておりません。

どうか、費用の面でも安心してご相談ください。

お客様の立場になって、誠意をもってご提案させていただきます!

摂津市で屋根修繕・屋根修理なら「街の屋根やさん大阪吹田店」!

街の屋根やさん大阪吹田 宮崎徹
摂津市で屋根修繕・修理業者をお探しでしたら私どもにおまかせください!

弊社から摂津市までは最短30分で駆けつけられます。

屋根の不具合は雨漏りを引き起こす可能性が高いです。

雨漏りによる水分は建物の寿命を縮める原因となりうるため、早目の修繕が望まれます。

お見積りまででも構いません!

街の屋根屋さん大阪吹田店では、いつでも無料で「屋根調査・お見積り」を承っております。

もちろん、お見積りまででも構いません!

「これは費用が高額になりそうだな…」という場合でも、無料調査の結果、想像していたよりも深刻な状態ではなかった、というケースもあります。


どうか被害状況だけで慌てないでください


まずは、お気軽にプロの屋根修繕「街の屋根やさん大阪吹田店」へご相談くださいませ。

 関連動画 
「お問い合わせからご契約~工事完了までのステップについてご紹介!」はこちら

 関連ページ 
「お客様に聞いた!わたしが街の屋根屋さんを選んだ理由」はこちら

摂津市のその他ブログ

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

お客様宅にて

※2021年5月7日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府三島郡で雨漏りにお困りですか?今回の現場ブログでは、弊社が三島郡でおこなった無料雨漏り点検の模様をご紹介します。繰り返す雨漏りにお悩みなら、まずは弊社の「無料雨漏...........

お客様にご挨拶

※2021年4月14日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。池田市で繰り返す雨漏りにお悩みですか?今回の現場ブログでは、弊社が池田市でおこなった「無料雨漏り調査」を大公開します。プロが徹底的に原因調査し、最適な雨漏り修理方法を...........

補修後の屋根瓦

※2021年3月28日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦一枚だけで業者に来てもらうのは気が引ける…」「ちょっとした瓦のトラブルでも来てもらえるの?」豊中市でこのような瓦屋根に関するお悩みをおもちですか?今回の現場ブログ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41