オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

箕面市 屋根葺き替え工事で災害に強く長持ちする屋根へ!


※2021年4月21日 記事更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

箕面市で屋根葺き替え工事をご検討中ですか?

今回の現場ブログでは、弊社が箕面市でおこなった屋根葺き替え工事をご紹介します!

箕面市で信頼できる屋根リフォーム業者をお探しでしたら、ぜひご参考にされてくださいね。

箕面市 屋根葺き替え工事 ビフォーアフター

まずは、弊社が箕面市で施工した屋根葺き替え工事のビフォーアフターをご覧ください。
before1
IMG00713
 葺き替え工事前 
リフォーム前の屋根です。

瓦の破損に加え、屋根下地の「葺き土(ふきど・ふきつち)」が経年劣化により痩せています。

葺き土の劣化は瓦のズレ・歪みを引き起こし、結果、雨漏りへとつながります。
vertical
after1
IMG03088
 葺き替え工事後 
葺き替えによる屋根リフォームが完了です。

新しい屋根材はスレート(カラーベスト)を採用しています。

耐震性や雨漏りの不安があった重い瓦屋根でしたが、見事に生まれ変わりました!

箕面市 屋根葺き替え工事で災害に強く長持ちする屋根へ!

地域
箕面市
葺き替え前
瓦屋根(土葺き)
葺き替え後
カラーベスト
それでは、弊社が箕面市でおこなった屋根葺き替え工事の施工工程をご紹介します。

屋根のプロによる丁寧で確実な施工をじっくりご確認ください!

箕面市 屋根葺き替え工事 工程①「足場の設営」

IMG02395_HDR
まずは、屋根葺き替え工事のための足場を設営します。

屋根工事は高所作業です。そのため、安全・確実に施工するための足場が不可欠になります。

足場により施工がスムーズに進行することで、結果、施工費用を抑えることにもつながります。


箕面市 屋根葺き替え工事 工程②「既存屋根の解体と撤去」

屋根葺き替え工事は、傷んだ古い屋根を解体・撤去する作業から始まります。
20190427_190430_0009
こちらの屋根は昔ながらの「土葺き(つちぶき・どぶき)工法」が採用されています。

そのため、重い瓦の下には大量の葺き土が屋根一面にのっています。

新しい屋根に葺き替えるため、既存の屋根材・葺き土はすべて撤去します。
20190503_190503_0004
職人が一枚一枚手作業で屋根瓦をめくります。

不要となる葺き土(ふきど・ふきつち)もすべて清掃し、屋根下地を整えます。

経年によって、葺き土は脆弱化します。

元々粘土質だったはずの葺き土はすっかりサラサラ状態になり、瓦の固定力を失っていました。
「土葺き(つちぶき・どぶき)工法」とは、土の重量を利用して瓦を葺く屋根工事のことです。

土葺き工法で使用される土は「葺き土(ふきど・ふきつち)」「床土(とこつち)」とよばれます。

昭和初期までは、瓦屋根には土葺き工法が主流でした。

しかし、2021年現在、耐震性への影響から瓦屋根の土葺き工法は殆ど採用されていません。

ですが、近畿地方には今でも多くの土葺き屋根が存在します。

屋根の重くなる土葺き屋根の建物は、重心が高くなることで地震時の揺れが大きくなりがちです。

地震への備えとしても、土葺き屋根には「屋根の軽量化による防災リフォーム」をおすすめしています。

 関連ページ 
「屋根リフォームをするなら地震に強い屋根にしてみませんか」はこちら

箕面市 屋根葺き替え工事 工程③「既存下地の状態」

20190503-1_190503_0023
長年、重い屋根瓦と大量の葺き土がのっていた屋根下地は少なからず、「たわみ」「傷み」が生じています。

そのため、このまま新しい屋根を設置するわけにはいきません。

まずは、既存の屋根下地のメンテナンスからです。

上写真は葺き土を撤去した後の屋根下地です。昔はこのように、杉の木をスライスし板状にしたものが屋根下地として使われていました。

現在では、防水性・耐久性にすぐれる高性能な建材が多く登場しています。

今回はこれらの新しい建材を駆使し、土台となる屋根下地を成形します。

箕面市 屋根葺き替え工事 工程④「野地板を施工」

20190503-1_190503_0014
新しい屋根下地「野地板(のじいた)」として構造用合板12mmを施工します。

既存の下地(杉木のスライス)に比べ、こちらの構造用合板は1枚1枚の隙間ができにくく、雨漏りしにくい丈夫な建材です。

箕面市 屋根葺き替え工事 工程⑤「ルーフィング(防水シート)施工」

20190428_190430_0007
次に、防水シート(ルーフィング)を施工します。

今回使用するのは、「改質アスファルトルーフィング」という防水紙シートです。

防水シートを施工する目的は屋根内部への「雨水浸入防止」です。

しかし、その他にも、防水シートには「野地板と屋根材を直貼りさせないことで、木材である野地板を保護する」という役割もあります。
    アスファルトルーフィング 改質アスファルトルーフィング
耐用年数 約10年 約20年
1㎡あたりの費用 3000~5000円 5000円~10000円
使用素材 アスファルト アスファルトの他に合成ゴム・合成樹脂
施工方法 タッカー タッカー、粘着式
改質アスファルトルーフィングはアスファルトルーフィングを改良した防水シートです。

アスファルトルーフィングに比べて温度変化に強く、耐久性にすぐれているのが改質アスファルトルーフィングです。

防水シートは屋根からの雨漏りを防ぐ超重要な建材です。

 関連ページ 

箕面市 屋根葺き替え工事 工程⑥「新しい屋根材の施工」

20190504_190505_0010
屋根下地の調整が完了しました。

屋根先端に雨水浸入防止のための水切り板金を施工後、いよいよ新しい屋根材として「スレート(カラーベスト)材」を葺いていきます!

写真中央にあるのは「スレート材専用切断機」です。

このスレート材専用切断機を使用し、職人がその場で屋根材を加工し施工していきます。
20190504_190505_0003
屋根材が滑り落ちないように十分に注意しながら、素早く丁寧に施工します。

スレート屋根専用の固定具を使用し手際よく葺いていきます
20190506_190507_0007
軒先から屋根上部へ向かってスレート材を葺き上げます。

当然ですが、屋根に降り注いだ雨水は上から下へ向かって流れていきますね。

軒先(水下)から棟(水上)へ向けて順に屋根材を葺く理由は、より雨水浸入しにくい屋根面に仕上げるためです。

ひとつひとつの施工に雨水を浸入しにくくするための知恵が詰まっています。

屋根職人が雨水の流れを考慮し、より長持ちする屋根に仕上げていきます。

箕面市 屋根葺き替え工事 工程⑦「貫板(ぬきいた)の設置」

IMG03085_HDR
屋根頂上である「棟(むね)」に雨水浸入防止のための「棟板金」を設置します。

その前に、棟板金の下地となる「貫板(ぬきいた)」を設置します。

この木材の上から棟板金を覆うように施工するのです。

棟板金は強風の被害を受けやすい箇所です。

しっかりと固定していきます!

箕面市 屋根葺き替え工事 工程⑧「棟板金(むねばんきん)の施工」

IMG03086-1
貫板の上から棟板金を設置いたしました。

施工前は棟が歪み、棟瓦が破損して内部の葺き土が露出していました。

真っすぐな棟に生まれ変わりましたね!

 関連コラム 

箕面市で屋根葺き替え工事なら「街の屋根やさん大阪吹田店」!

staff01-detail-2
箕面市で屋根葺き替え工事・屋根リフォームなら「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。

「うちもそろそろ屋根リフォームが必要?」

「屋根葺き替え工事とカバー工法、うちの屋根にはどちらが適している?」

このような場合、ぜひ、街の屋根やさん大阪吹田店の「無料お住まい点検」をご利用ください。

プロが無料で「相談」「現地調査」「ご提案」「お見積り」までさせていただきます。

もちろん、お見積りまででも構いません!

屋根葺き替え工事は今の家に長く住み続けたいという方に最適

屋根葺き替え工事は既存の屋根を撤去します。

そのため、屋根下地の十分な修理・メンテナンスが可能です。

「今の住まいに長く住み続けたい!」

このような方に最適なのが屋根葺き替え工事というリフォーム方法です!

強引な勧誘・不必要な工事の強要など一切おこなっておりません

弊社は、強引な勧誘・不必要な工事の強要・手抜き工事などは一切おこなっておりません。

屋根はお客様から見えない・見えにくい場所です。

だからこそ、私たちは写真・動画などでお客様ご自身にしっかりとお住まいの現状を把握していただいております。

そのため、屋根調査時にはできるだけお客様にもお立ち合いをお願いしております。

お客様ご自身に現状をしっかりと把握していただいた上で、最適なご提案をいたします。

 関連ページ 

箕面市のその他関連ブログ

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市 G様邸屋根葺き替え工事 瓦屋根→カラーベスト(コロニアルクァッド)

IMG_2739
IMG_7597-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
コロニアルクワッド(kmew)
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
7年
工事費用
250万(足場含む)
施工事例

吹田市 O様 横暖ルーフへの屋根葺き替え工事

20190222_190222_0008
IMG_0255-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
横暖ルーフ
築年数
40年
建坪
65坪
保証
5年
工事費用
430万円
施工事例

西区瓦屋根からガルバリウム鋼板に葺き替えました!

施工前瓦屋根
ガルバリウム鋼板施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板JFE鋼板
築年数
30年前後
建坪
123平米
保証
7年
工事費用
約180万

同じ地域の施工事例

施工事例

箕面市 G様邸屋根葺き替え工事 瓦屋根→カラーベスト(コロニアルクァッド)

IMG_2739
IMG_7597-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
コロニアルクワッド(kmew)
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
7年
工事費用
250万(足場含む)
施工事例

箕面市|大屋根&下屋根「棟の積み替え工事」の施工例

IMG_0761
IMG_9472
工事内容
その他の工事
使用素材
いぶし瓦(淡路瓦)
築年数
築35年
建坪
保証
5年間
工事費用
約190万円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

葺き替え工事により雨漏りが解消した屋根

2021年1月12日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回の現場ブログでは、吹田市でおこなった屋根の葺き替え工事をご紹介します!きっかけは雨漏り。今後も長く住み続けるご自宅です。雨漏りを解決させ新しく強い屋根へリフォームい...........

屋根葺き替え工事後の金属屋根

※2021年4月22日 記事更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。高槻市で屋根工事をご検討中ですか?弊社が高槻市でおこなった屋根工事の事例をご紹介します! 関連ページ 「ちょっとした屋根の補修も街の屋根やさんにおまかせください」はこ...........

屋根瓦の状態

※2021年1月21日 記事更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。茨木市で屋根リフォームをご検討中ですか?弊社が茨木市でおこなった屋根リフォーム事例をご紹介します!今回の屋根リフォームのきっかけは「繰り返す雨漏り」でした。傷んだ屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41