下葺き材を改質アスファルトルーフィングで施工しました。吹田市山田東

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

下葺き材
約40年前の下葺き材です。
アスファルトルーフィング
最近の防水紙、改質アスファルトルーフィングです。
吹田市の築40年の下葺き材とその施工後です。

和瓦の下の土を取り除いた状態です。少し分りづらいと思いますが、
昔と現在は瓦も違いますが下葺き材も大き く改良されています。

屋根下葺き材とは屋根材だけでは防げない雨水の浸入を阻止します。
もし漆喰や瓦が割れて水が瓦の下へ浸透したとしても、建物の中へ水 を入れることはありません。

昔は瓦の下に土を敷き詰め、瓦を土で留める土葺き工法でした。その下に、その昔は杉皮が下葺き材として用いられていました。

 30程前までは原紙にアスファルトを含浸させただけのアスファルトフェルトといい、

主に外壁下張材で多く使用させてたものを下葺き材としても使用されてい ました。

さらに防水性を上げるためにアスファルトフェルトの表裏をアスファルトをコーキングし、
鉱物質粉粒を付着させたものをアスファルトルーフィングと いいます。


今では原紙を合成繊維不織布で補強した改質アスファルトルーフィングが使われるようになってきました。