下葺き材を改質アスファルトルーフィングで施工しました。吹田市山田東


下葺き材
約40年前の下葺き材です。
アスファルトルーフィング
最近の防水紙、改質アスファルトルーフィングです。
吹田市の築40年の下葺き材とその施工後です。

和瓦の下の土を取り除いた状態です。少し分りづらいと思いますが、
昔と現在は瓦も違いますが下葺き材も大き く改良されています。

屋根下葺き材とは屋根材だけでは防げない雨水の浸入を阻止します。
もし漆喰や瓦が割れて水が瓦の下へ浸透したとしても、建物の中へ水 を入れることはありません。

昔は瓦の下に土を敷き詰め、瓦を土で留める土葺き工法でした。その下に、その昔は杉皮が下葺き材として用いられていました。

 30程前までは原紙にアスファルトを含浸させただけのアスファルトフェルトといい、

主に外壁下張材で多く使用させてたものを下葺き材としても使用されてい ました。

さらに防水性を上げるためにアスファルトフェルトの表裏をアスファルトをコーキングし、
鉱物質粉粒を付着させたものをアスファルトルーフィングと いいます。


今では原紙を合成繊維不織布で補強した改質アスファルトルーフィングが使われるようになってきました。