屋根と壁の取り合い、また外壁からの雨漏り??メンテナンスは?豊中市野田町

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

雨押え
豊中市野田町で屋根と壁の取り合い部分に補修した後が・・・。

壁からか雨押え板金部分から雨漏りがして応急処置をした様子です。

シートのようなものを壁に被せていますが、雨漏りは止まってないみたいです。

壁からの雨漏り、雨押え板金からか、棟付近の取り合い部分、また防水紙の劣化によって穴あきがあるのか、

理由は様々ですが、いずれにしろ壁にこのような処置は無意味です。

実際、雨漏りしているようです。、また知り合いの方にしていただいたとのことでビックリしました。

壁から流れ落ちた雨水が壁と屋根との隙間から浸水しますが、それを防止させるために

雨押え板金を壁際に取り付けます。

外壁の劣化からの雨漏りも考えられます。

外壁にはサイディングやALC、タイル、さらに塗装などで防水されています。

外壁が劣化しますと、防水効果も低下します。

雨水が壁に浸透してしまい、留まりやすくなってしまいます。

そうなると壁から室内へと雨漏りしてしてしまう可能性がでてきます。

外壁には定期的なメンテナンスが必要です。

外壁は雨風から建物を守る、鎧のようなものです。

使い続けるとどんどん傷んでしまいます。

築10年程度で本来ならメンテナンスを考える時期ではあります。

とくに外壁材が塗料だけという家は外壁のメンテナンスも8年~10年と

非常に短いです。

安心して長く住み続ける為には、何か問題が起こってからではなく、

起こる前の危険予測が大事です。

実際、問題が起こってからの費用と定期的なメンテナンスの費用では、

もちろん問題が起こってからの費用の方が大きくなります。

大きくなるだけではなく、建物の老朽化にも影響してきます。

築10年ほどであちこちと不具合が出てくると言われています。

ですので8年~10年程でメンテナンスを考えることが大事になってきます。



街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら