外構塗装垂水町ひび割れの処理方法は?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

外構塗装
外構塗装のようすです。
塗装をする際に絶対にしてはいけないことがクラック(ヒビ割れ)処理です。ただ塗るだけならばプロでなくても大丈夫ですよね。

クラックの状態にもよります が、深い場合は割れ目をケレンしコーキング処理をしてからでないと、せっかくきれいに完成してもまた同じ場所から割れてきます。

塗料も弾性塗料がおすすめです。特徴を一言でいえば柔らかく伸びる塗料ですので安心できます。

外構塗装
きれいに仕上がってきています。
養生もきちんとしなければ道路を汚してしましますからね。因みに職人さんの作業ズボンは塗料で汚れていますが、これはプロの証です。