木造住宅を劣化させている犯人は?雨水だけなのか!?吹田市

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

瓦屋根
軒先部分が金属で施工されていますがかなり錆びている様子です。
瓦屋根
棟の漆喰が剥がれています。
瓦屋根軒先
軒先の雨樋が垂れ下がっていますので下屋からの雨水の流れが軒天や壁を腐食させてしまう恐れがあります。
建物にダメージを与えてがちな箇所を紹介します。
・屋根と壁の取り合い(雨押え箇所と言われています)
・雨樋(特に軒先部分)
・棟のゆがみズレ(漆喰のはがれ)

建物の耐久性を考えるならば一番に雨水対策に目を向けてください!
雨水、雪、風、紫外線、と自然との闘いにはなりますが、オーナー様の意識一つで普通よりも10年、20年、と建物を長持ちさせることができます。

建物健康管理方法を紹介いたします。
雨漏りは突然やってきますが偶然ではなくほぼ必然なのです。

雨の日に建物を観察してみてください。
特に雨水の流れ!
・雨樋が屋根からの雨水をキャッチしているか?
・雨樋から雨水があふれていないか?
・竪樋などのジョイン地部分から漏れていないか?
・壁に直接雨があたっている部分の把握ができているか?
・壁が雨水をはじいているか?
・バルコニーやベランダに雨水が溜まっていないか?

雨の日に自主点検は大変ですがぜひ一度やってみてください!

気になるところを業者に補修してもらえば二次災害も防ぎやすくなりますので是非ご参考にしてください!


街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら