軒天の補修。症状やその原因とは?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

軒天

軒天とは、野地板や垂木などの下地材が見えないように見栄えをよくする為と

火災時に窓から炎があがった場合、軒まで炎が達するのを防ぐ為の役割があります。

軒下、軒裏、軒裏天井、上げ裏などとも呼ばれます。

「軒天(軒下・軒裏)とは?」軒天についての記事はこちら


軒天は屋根や外壁同様に雨風にさらされる部分であり、

劣化しやすい場所となるため、修繕の必要性が高い場所です。

今回は軒天の不具合の症状やその原因についてご紹介します。

ご自身の家の軒天を一度見上げてみて、劣化していたり、雨染みがあったり、

塗装がはげていないかチェックしてみてください。

色褪せ
経年劣化の一つで、紫外線が原因。
直接紫外線は辺りにくい場所ですが、照り返しなどにより
紫外線が原因で徐々に色褪せが起こります。
シミ
軒天に黒いシミのような物があれば雨漏りの危険性があります。
どこから雨漏りがしているのか、すぐに業者に確認してもらう事をおすすめします。
もし雨漏りが起こっていれば、野地板などの下地材の腐食の恐れがあります。
はがれ
合板やベニヤなどの木材系を使用している場合、
合板の木の板は何枚もの接着剤によりくっついている為、
その接着剤が経年劣化により接着力がなくなり、剥がれてしまいます。

塗装をしている場合は、経年劣化の塗膜剥離により、塗膜がはがれてきます。
藻、カビ
湿気や雨水がしっかり排水できていない場合に、軒天の表面に
藻やカビが繁殖してしまいます。
欠落、穴
経年劣化により、古くなった部分が欠落したり、穴が開いてしまうことがあります。
鳥や虫などが屋根裏へ入り込んでしまう原因となりますので
すぐに補修されることをおすすめします。
軒天
軒天のシミ
軒天
軒天のはがれ

軒天に上記のような不具合が生じたとき、どのように補修するのか。

特に目立った不具合がなく、塗装のみで保護できる場合は軒天の塗装を行います。


板自体が劣化していて、塗装でどうにもならない場合は軒天の張り替え(交換)を行います。

軒天を補修する場合、一部だけ変えてしまうと、劣化のスピードの違いで何度も足場を組んだりすると

手間や費用がかかってしまう可能性があります。

ベニヤ板の場合などであれば、安価ですので、全て取り替える方が耐久性やコスト面でも良い場合があります。


塗装の場合も張り替えの場合も、2階部分の軒天などの場合、足場が必要となります。

その手間や費用を考えると、外壁塗装や屋根塗装などなにかの補修のついでに

軒天の補修をされるのが良いかもしれません。


街の屋根やさん大阪では軒天の補修も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

軒天の補修についての記事はこちら