屋根葺き替えの時期の目安は?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

before1
既存屋根

horizontal
after1
葺き替え


屋根の葺き替えとは、古い屋根材をすべて撤去して、新しい屋根材に変えることを言います。

屋根材や屋根の下地まで傷んでいる場合や、既に雨漏りしている場合は、

建物の耐久性を高めるため、下地材からやり直しができる屋根の葺き替えがおすすめです。

しかし、古い屋根材を全て撤去し、破棄して、新しい屋根材に葺き替えるにはかなりの費用がかかります。


塗り替えや重ね葺き(カバー工法)などの補修工事で済む工事であれば、

傷んだ箇所のみの補修となるため、費用が抑えられます。


ではどちらを選ぶのがいいのか、どのタイミングで葺き替えをすればいいのかの判断をすることは難しいと思います。

葺き替えをするうえでのチェックポイントを参考にしてみてください。


□瓦がひび割れしている
□瓦がずれる
□チョーキング現象が起きている
□築15年以上全く手入れをしていない
□天井に雨染みの跡がある
□屋根材や漆喰にカビやコケが発生している
□トタン屋根全体が赤く錆びている
□雨漏りしている


上記の項目に当てはまる場合は、とにかく一度専門の業者へ点検を依頼しましょう。

葺き替えがいいのか補修で済むのかは、屋根に上り状態を見てみなければ判断は難しいです。

この項目に加え、あとは築年数や前に屋根をふき替えてから何年経っているかも基準となります。

耐久年数に関しては下記記事をご確認ください。

屋根材の選び方と特徴

また、業者による定期的な点検をすることが、家の耐久性を保つことに繋がります。