屋根や外壁の汚れの種類と汚れた場合の対処方法

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

高圧洗浄

屋根塗装や外壁塗装をする目的は「美観」と「保護」であり、汚れにくい塗料を選ぶということは重要です。

いくら屋根がきれいでも外壁が汚れていれば美しい印象が与えられませんよね。逆も同じです。

また汚れを放っておくと汚れはどんどん蓄積されてしまい劣化の原因ともなります。

汚れの種類と汚れた場合どのように対処するかをご紹介します。


■雨だれ

排気ガスや空気中の油分などが屋根や外壁に少しずつ溜まっていきますが、
雨が降ることによって、それらの汚れが流されます。
しかし、換気口や窓枠などの突起部分には、その汚れが流れきらず残ってしまいがちです。
雨が当たる部分であれば水が垂れたような黒い跡がどこでもできる可能性があります。

この汚れは洗い流すことができる汚れですので、家庭用の高圧洗浄や中性洗剤などで洗い流しましょう。


■藻、カビ、コケ

皆さんも知ってると思いますが、藻、カビやコケなどは湿気が多い所で多く発生します。
外壁や屋根の場合であれば、北側は陽当たりが悪く、湿気が多い場所と言えます。
また塗料によっては、吸水性が高い物である場合、
雨水などを多く含んで乾燥に時間がかかることが原因になる場合があります。
防藻性、防カビ性の高い吸水性が低い塗料などもありますので、外観を保つためにはそういったものを選びましょう。

藻やカビが出てきたばかりであれば、家庭用高圧洗浄機などで落すことができます。
もしも蓄積されてしまい、高圧洗浄で落せない場合などはコケとり剤やカビとり剤などを使用します。
その際は薬剤が壁に残らないようにしっかりと落しましょう。
外壁の塗料と反応して変色する可能性もあるので注意が必要です。


■錆(さび)

金属部などで錆びた物が、雨水によって雨だれのように流れて錆が広がってしまいます。
また近年では酸性雨により金属系のイオン分子がコンクリート内の成分が反応して錆がでてしまう事もあるようです。

塗替えの時期であれば、錆部分をしっかり落としてから上から塗装をするので問題はありませんが、
塗替えの時期ではない場合、錆落し剤などを使用して落します。
この際も、薬剤が残らないようにしっかりと落す必要があります。


■変色

変色してしまっている場合は、紫外線や雨などの影響で経年劣化してしまっています。
陽当たりのいい場所や雨が多く当たる場所などから変色する可能性が高いです。

この場合は塗面が劣化していますので、洗浄などではどうすることもできません。
外壁塗装を考えるほうが良いでしょう。


■ホースで水をかけて洗い流す

こまめにホースで水をかけて、汚れを洗い流すようにしましょう。
出来れば屋根から流すことで家全体を綺麗に水で洗い流すことができますが、
屋根に上るのは危険で、思わぬ事故にもつながりますので、
充分注意して行うか、業者へ頼まれることも検討しましょう。
また水が近隣に飛ぶ可能性もあるため、十分に注意しましょう。


■高圧洗浄で洗い流す

現在では家庭用の高圧洗浄機なども販売されています。
業務用では強すぎることもあるので、洗い流すのであれば家庭用で十分です。
時間が経ってしまうと高圧洗浄機でも取り除けなくなる場合があるので、
そうなる前にこまめに汚れを洗い流すようにしましょう。


■薬剤を使って落とす

高圧洗浄で落ちない汚れになると、薬剤を使う必要があります。
サビ落しやカビ落しなど、専用の薬剤がありますので、それらを使って簡単に落とすことが可能です。
薬剤を使用したあとは、薬剤が残らないように必ずしっかりと洗い流しましょう。
塗膜を傷つけたり、変色につながる可能性があります。
また、高所の作業となる場合は、危険ですので業者へ任せましょう。


■業者へ依頼する

外壁の塗替えをする場合はもちろん、高圧洗浄や薬剤を使用する場合でも
専門の業者へお願いすれば、綺麗にしっかりと汚れを落してもらえます。
しかし、費用もかかってしまうため、そうなる前にこまめに汚れがたまらないように
気を付けることが一番の対策と言えるでしょう。